お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

浜田省吾「もうひとつの土曜日」をプレゼントされたリスナーに、博多大吉が贈った言葉とは?

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

平日午後1時から放送中のTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」。
9月23日(水)は、赤江珠緒×博多大吉のコンビでお送りしました。

『赤江珠緒たまむすび』2020月9月23日(水)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190806130000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

台風が近づいて、曇天の赤坂。
いつも通り、本番前に「どん兵衛」をすするのは、大吉先生。
本日は、「肉うどん」の気分でしたが、残念!
あいにく在庫を切らしておりまして、「カレーうどん」をチョイスです。
9F・ラジオフロアに漂うスパイシーな香り。。。うーーん、まさに飯テロ!

ここで打ち合わせ中の赤江さんに注目!

あれ…?手元に「どん兵衛」が!
赤江さんも食欲そそられちゃったみたいです笑
そんな「どん兵衛」コンビでお送りした、今日の「水曜たまむすび」。

2時からは、みなさんのモヤモヤをお焚き上げ!
大吉ポスト〜いったん預かります!のお時間です。

今回は割とテンポよく、「どんどんお焚き上げするぞ!」と、
ギアを入れ直した大吉先生でしたが、なかなか難しい案件に直面、、、

ラジオネーム:トモおばさんからのモヤモヤ。
「誕生日に20年来の友人から浜省のCDをプレゼントされ、私はどうしたら?」という内容だったんですが、
その曲というのが、「もうひとつの土曜日」

「♪〜 昨夜眠れずに泣いていたんだろう?」言わずと知れた名曲ですが、この歌詞の意味をどう捉えるべき、、、
赤江&大吉の議論も白熱したところですが、みなさんはどう思いますか?

ぜひ、radikoのタイムフリー(↑リンクは上部)で聴いてみてください。
また、ラジオネーム:トモおばさん。もし続報あったら、教えてください!笑

3時からは、週替わりレギュラー陣が登場するラジオコラム。
落語家・春風亭一之輔さんの『マクラだけ話します!をお送りしました。

寄席の方はお客さんの入場制限も緩和されたようで、博多の公演もたいへん好評だったみたい!

そんな一之輔師匠には、大学時代の不思議な出会いについて、話してもらいました。
ちょっぴり怖い内容。こちらもぜひ、radikoのタイムフリーでどうぞ!

「たまむすび」の次回ご登場は、【 1028日 】。お楽しみに♪

〈今日のおまけ!〉
▼久しぶりに大吉先生の私服チェーーック!

「オバQ」がどーーん!

「これ買えないんだからね?めっちゃ貴重なんだからね??」
大吉先生の全身をぜひ!と思ったら、あまりのオーラに手が震えちゃって。。。
(※ごめんなさい、ただの手ぶれです。)

明日の「赤江珠緒たまむすび」のパートナーは、土屋礼央さん!
2時からは、特集コーナー「レオ販店」!特売品は〝窓〟です。
3時からのゲストコーナー「おもしろい大人」には、
以前もお越しいただいた、現役OLで書評家の三宅香帆さんが登場!
今回のテーマは、〝読んだフリしちゃいがちな名作小説〟について、です。