お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

[視覚障害者に向けた出張型ネイルサロン」▼人権TODAY(2020年9月19日放送分)

人権TODAY

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは
…2020年9月19日放送「視覚障害者に向けた出張型ネイルサロン」

目が見えない・見えにくくても、ネイルを楽しんでほしい

佐藤さんと湯田さん

今回取材したネイル・ル・ブライユは、ネイリストが自宅に出張して施術します。
代表、佐藤優子さんが、お客さんの湯田あやのさんとデザインを決めている様子です。

デザインを決める

施術を受けている湯田あやのさんは弱視で「人の動き」などはある程度認識できますが「色」はあまり分かりません。立体的に見ることも苦手なため、指先で触ったネイルの見本を「これはオレンジ、ストライプ・・・」などと佐藤さんが細かく説明していました。

きっかけは「視覚障害者は爪を切りにくいのではないか」

佐藤さんが『視覚障害者に向けた出張型ネイルサロン』を始めたのは、高齢者施設での経験がきっかけだと話します。

     
 

ネイル・ル・ブライユ代表の佐藤優子さん
高齢になると目が悪くなってきて弱視の方も増えるので、爪を切るのが不便なんじゃないかなと思っていろいろと調べてみました。そこから、若い人でも視覚に障害がある人は爪を切りにくいのではないか?ネイルアートをしたら喜んでくれるのでは?と思ったんです。今も老人ホームにマニキュアを塗りに行くボランティアに行っていますが、その時も皆さんが順番をめぐって喧嘩するほど喜んでくれるんです。

デザインを提案する

佐藤さんはネイルサロンを始めるにあたって、当事者と話し合いながら気づいたことがあります。それは「TPOに合わせた様々なデザイン」を提案することの重要性です。「結婚式に行くならドレスに合ったこのネイル」、「コンサートへ行くならこんなデザインに」などと提案し、施術しています。「職場に派手すぎるネイル」「洋服と合っていないネイル」など、まわりの人たちとの調和に苦心している視覚障害者や周囲の人からは喜びの声をもらっているそうです。

施術の様子

 

ネイル・ル・ブライユ代表の佐藤優子さん
生まれつき見えない方とかそもそもの色を見たことがない方とかもいらっしゃるので、状況に応じてデザインを提案するようにしています。例えば、会社に行くのにすごいゴテゴテに自分の好きなデザインにしちゃうんですよ。オフィスにはこれは派手すぎるよ、とか、もうちょっと控えめじゃないといけないんだよ、みたいなことを提案するようにしています。

出張型ネイルサロンの利点

視覚障害者は、同行援助といってガイドヘルパーと一緒に外出することが多くあります。ネイルの施術は2~3時間かかりますが、出張型だと、その時間分のガイドヘルパーの費用を気にしなくてもいいことも利点です。一か月間にガイドヘルパーを頼める時間などは自治体によって異なりますが、上限を気にしなくていいことで、負担も少ないと湯田さんは話していました。

さらに湯田さんは「街中のネイルサロンだと、視覚障害者だからと気を使われる」ことにもストレスを感じるそうです。

 

湯田あやのさん
人がいっぱいいる店の中へ、まず入っていく時にちょっとドキドキするんですよね。なんか変な目で見られるの嫌だなって思ったりとか。(ネイルをすると気分が変わりますか?)新しいネイルにした時は、早く外へ出たいと思います。見て見て見て!って

ネイルチップを触って選ぶ

ネイリストの佐藤さんは、お客さんがネイルの出来上がりをよく見えないからといって、手を抜くことはない、と強調しています。以前、他のネイリストに「見えない人なら適当でいいのでは」という趣旨の言葉を言われたことがあるそうです。

 

ネイル・ル・ブライユ代表の佐藤優子さん
アニメのネイルを頼まれたことがありました。私はあまりアニメのネイルをやったことなく、徹夜でものすごく練習したんです。そういうアニメひとつにしても(視覚障害者には)見える友達とかも絶対いるし、会社の人とかもそうだし、他の人に見てもらった時に『えー全然似てないよ』って言われちゃったらやっぱ信用を失っちゃう。自分は見えなくても人の目を通して見ている、と思っています。

人の目を通して見るネイル。視覚に障害のある人に限らず、広がっていきそうですね。

★紹介した佐藤さんのサロン、ネイル・ル・ブライユ
 https://www.tenjinail.com/
電話番号は080-3445-7733 
※施術中は電話に出られないことがありますのでご了承ください。

(担当:TBSラジオキャスター 加藤奈央)