お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「有楽町」と「赤坂」の同期レジェンド、マイクの前で「初共演」!「DJアンコー」齋藤安弘さん、ゆうゆうワイドに登場!

大沢悠里のゆうゆうワイド

9月19日は、フリーアナウンサーの齋藤安弘さんをお迎えしました。

横浜市出身の齋藤安弘さんは、中央大学法学部卒業後、
ニッポン放送にアナウンサーとして入社。
1967年にスタートし。現在も続く人気番組
「オールナイトニッッポン」の初代パーソナリティとして
世の中に「深夜放送ブーム」を巻き起こしました。
同期入社の亀渕昭信さんと組んだ「カメ&アンコー」として
当時の若者からカリスマ的な支持を集め、番組から誕生した
「水虫の唄」は20万枚以上を売り上げる大ヒットとなるなど
伝説の存在として活躍されました。

実は齋藤さんと大沢悠里は同学年で、
「昭和39年」にアナウンサーとして、それぞれ
ニッポン放送とTBSに入社した「同期」です。
齋藤さんは深夜番組の人気者として、
大沢は午前中の顔として、長年にわたり現役で
ラジオの世界で活動してきた、いわば「戦友」です。
時間帯というフィールドは異なったものの、
アナウンサーとしてそれぞれの活躍を喜び、
互いをリスペクトしてきた間柄ですが、
地下鉄で偶然会ったり、試写会の会場で
顔を合わせることなどはたびたびあったものの
なんと「放送で共演するのは初めて」です。
さらに、西村知江子はニッポン放送のアナウンサー時代、
齋藤さんの直属の後輩で、一緒に
番組を担当していたこともあります。
そんな縁のある3人によるトークは、互いを
「アンコー」「悠里」「知江ちゃん」と呼びながら
和やかに進行しました。

驚異的なブームを巻き起こした
齋藤さんの「オールナイトニッッポン」の裏話や、
玉置宏さん、土居まさるさんの思い出、
ご自身の近況など、いろいろとお話しいただきました。

放送の全編は、radikoのタイムフリーでどうぞ。
放送より一週間以内、下記のバナーからお聴きいただけます。

大沢悠里のゆうゆうワイド | TBSラジオ | 2020/9/19 15:00-17:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200919150000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)