お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

幸坂理加も思わず過去をぶっちゃけた!直木賞作家・山本文緒の7年ぶりの新作長編について

ACTION

TBSラジオで放送中の「ACTION」。木曜パーソナリティは、羽田圭介さん。

9月17日(木)のゲストは、直木賞作家の山本文緒さん。羽田圭介さんのデビュー作は、山本さんの作品から影響を受けているそうです。今日は今月28日に出される、山本さんの7年ぶりの新作『自転しながら公転する』についてのお話を羽田さんが伺いました。

『自転しながら公転する』あらすじ…
32歳の与野都は2年前まで東京でアパレルの正社員で働いていたが、更年期障害を抱える母の看病のため実家の茨城に帰ってきた。今はアウトレットモールのショップで契約社員として働いている。地元の友達は次々と結婚するなか、都も回転寿司店でアルバイトとして働く寛一と付き合い始めた。優しいが経済的に不安定な彼と結婚したいかどうか、都は自分の気持ちが分からない。そして実家では両親が体調を崩して経済状況が悪化、職場ではセクハラやパワハラが起こる…。

山本:私、羽田さんの小説で『ミート・ザ・ビート』が大好きで。とにかくここに出てくる北関東のソフトヤンキーの話が大好きで。実はこれを読んで、北関東のソフトヤンキーの人たちがいるようなところを背景にした物語を書きたいなと思いまして、この小説に出てくるアウトレットを舞台にしました。なので今回、この新作が書けたのは羽田さんのおかげです!


羽田:そんな、まさかですよ!ありがとうございます!

羽田:7年ぶりの新作長編ですが、このテーマに至った経緯を教えてください。

山本:恋愛、結婚、女性の生き方みたいなものってテーマとして普遍的でオーソドックスで、悪い言い方をすると手垢のついたテーマなんです。私は作家になって32年ぐらいですが、さんざん書きく尽くしたテーマなんです。でも若い人の話を聞いたり、い作家の小説を読むと、同じように結婚や恋愛がテーマになっていたりして、時代が変わってもいくらでも深堀りができるテーマなんだなと思って、改めて集大成として書いてみようと思いました。

羽田:これまでにも恋愛や結婚についての物語やエッセイを書かれてきたと思いますが、それらを何度も書くことで見えてきたことはありますか?山本さんの過去のインタビューでは「結婚できている人はもともと”結婚神経”に恵まれているだけ」と話されているみたいですが…(笑)


山本:私は運動神経がすごく悪くて、跳び箱とか全然飛べないんです。たとえば飛べる人が私に跳び箱の飛び方を教えるとして、「助走をつける→ロイター板で跳ねる→飛ぶ」
と教えても、それを聞いたところで私は絶対に飛べないんです。身体の使い方が分からないから。でもたとえば100時間ぐらい練習したら飛べると思うんですが、「そこまでして人生で跳び箱を飛ぶ必要があるのかな?」と思うんです。それと結婚は似ていると思っていて。すごく努力すれば結婚できない人もできる手立てはあると思うんですが、でもそこまでして結婚しなくてもいいんじゃないかなって思いますね。

羽田:山本さんが今の32歳の感覚を書けるのはすごいですよね。普通は感覚がズレちゃうと思うんですが、それが一切ないですよね。32歳の当事者の感覚を外さないで書ける理由が知りたいです。取材はされているんですか?

山本:ありがとうございます。そんなに聞いたりはしないですね。そのぐらいの年齢の人が好きなんですよね。気を付けて見ているというのはあるかもしれません。自然にそのぐらいの年齢の人の言動に目が行って、「いいぞ、もっとやれ!」と思っていますね。


幸坂:私も32歳なんですが、「私のことを書いているのかな?」と思うぐらい気持ちが重なっていました。アルバイトの寛一と出会って、「経済的に不安定な人と結婚して大丈夫かな?」と思う場面がありますが、私も20代後半にアルバイトの人とお付き合いしていたことがあって…。

羽田:おい、何を話しているんだよ!(笑)

幸坂:やっぱり結婚も意識するし、周りと比べて「やっぱり安定した人と結婚したほうがいいのかな?」と慌てたり、その気持ちの動きが私と同じだなと思って読んでいました。調査はしていないんですね。

山本:そうですね。こういう仕事をしていると、勝手に向こうから相談を持ちかけられるときはありますよ。こっちは聞いてもいないのに(笑)羽田さんも経験あると思うんですが、編集の人って聞いてもいないのに深刻な悩みを相談することがありますよね。それは「はい、はい」と聞いていますね。

羽田:そういう人は山本さんの小説を読んだら、全て悩みは解決しますよ(笑)


引き続き、『自転しながら公転する』についてのお話を伺いました。GUEST ACTION全編はradikoのタイムフリーで。

9月17日(木)のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200917162930

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)