お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 ふと、秋の空を見上げて、何を思う?

森本毅郎 スタンバイ!

昨日の朝、東京や神奈川で「ひつじ雲」や「うろこ雲」が見られ、秋の気配が感じられる今日のこの頃。朝晩も涼しくなりましたし、日の入りも早くになりました。そして来週の火曜日は、秋分の日です。キンモクセイの香りも漂う中、ふと、秋の空を見上げて、皆さんは何を思うのでしょうか?

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時30分過ぎからは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、9月18日(金)は、金曜日恒例サラリーマンの声です。みなさんに『ふと、秋の空を見上げて、何を思う?』と問いかけてみました。

 

近堂かおりの現場にアタックhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200918073607

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

 

★コロナとサンマと秋の空

●「いや今年はコロナで始まってコロナを体験して、コロナがなかなか終わらないなぁっていうコロナ尽くしですね。」
●「なかなかサンマ食べられないなーみたいなね、食うことばかりスミマセン。まだちょっと高いですよね。スーパー当たりでも400円くらいしたのかな、わからないけど。私、千葉の銚子なんで100円くらいの感覚なんで、高いなって思いますよね、ちょっと残念。」
●「今朝はキレイにうろこ雲が出ていましたよ。6時頃の雲はキレイですよ、朝の空は。暑いときは暑かったし、夏がちょっと遅かった分、嫌だったけど、もうちょっと秋がね、最近、秋が短いじゃないですか、夏が終わって秋だなと感じるともう寒いって冬になっちゃうから、最近日本に秋がないなって感じています。」
●「今年は季節感というか、コロナのことばかりで慌ただしく季節のことを十分に味わえずに過ぎたかなって感じはしますよね。」

今年は特別な年ですね。春先からコロナが始まり、夏が過ぎ、秋の気配を感じる現在もコロナ。もう秋になったのか~!と思う人は多いでしょうね。本当に季節感など感じられなかったです・・・というより、情緒を感じる雰囲気ではありませんでした。今、ようやくちょっと余裕ができたのか、サンマや秋の空などを感じられるようになったのかもしれません。

★お酒を大っぴらにみんなで飲みたいよ!

そして、こういう声もありました。

●「おでん食べに行きたいなー。やっぱり、今まで自粛自粛で来たけども、秋になったらやっぱり秋の季節を楽しみたいと。今日、これから行こうと思って、おでん屋さんに仲間と二人で。それは気にしながらコソコソっと、ちゃんと消毒しながら気を付けて飲みに行きます。」
●「友達が来ないなー。お酒を飲みに行く約束になっているから、早く来ないかなー、飲むと美味しいのに。(何時の待ち合わせ)6時、早すぎちゃった。(まだ15分くらいありますよ)そうなの、早過ぎっちゃった。半年ぶりくらい、コロナじゃないですか、だから、会社に行かない、在宅勤務。今日、たまたま出てきたのね、だから、だったら飲もうよって話。(今日はうれしい)そりゃそう、うれしいよ。」
●「コロナが早くおさまって欲しいなというのが最初ですね。みんなと一緒にお酒が飲めるような世の中になりたいな、と。と言っても今日も飲むんですけど、実はこれから。ただ、なかなか大っぴらにできないじゃないですか、本当、少人数でちょこちょこくらい。酔っぱらうまで飲めないし、それがやっぱり寂しいね。もう半年そうでしょ?こんなこと人生で初めてだもん。」

皆さん、相当、お酒を我慢されてきたんですね。秋の空を見て、現実的な、そして、切実な思いを募らせていました。仲間とワイワイ飲みたいですよね~!今日、飲みに行くと言っていましたが、皆さん気が緩んでいるわけではありません。少人数だし、消毒はするし、短時間で切り上げて酔っぱらうまで飲まない、など、いろいろと気を付けていらっしゃいます。よっぽど久しぶりなのでしょうね、皆さん本当に嬉しそうな顔をしていらっしゃいました。ただし、羽目を外すことのないようにしないとですよ。油断は禁物ですから!

★あなたに言われて初めて、ああそうか・・・

最後にこういう声がありました。

●「今、あなたに言われて空を見上げて、初めて、ああそうか、みたいな感じで全然、そんな余裕すらない。コロナで色々な影響を受けちゃっていたんで。仕事含め色々、まったく余裕がないですね。なんでしょうね、やっぱり、売り上げが7割8割ダウンしてきたっていうのが、飲食店さんもそうでしょうけど、僕らの商売の中でも、それが普通だったので、もう考える余裕がないですよね。社員の生活とか、自分の生活より社員の生活を守らなきゃいけないので、そっちのほうが僕らにとっては大変だったので。僕は運送業です。(運送業は逆に忙しかったのでは?ネットショッピング)それはネットさんのデリバリーをやってる企業さんは忙しいんですけど、ウチはそっち系ではないので、イベント系とか、そういう系なので、どちらかというと、こういう所で着ぐるみを着たり、ステージやったりするじゃないですか、そういうやつを運んでいたんで、機材とか。なので、もう100%影響を受けてますから、そういった部分は。滅茶苦茶です。」

空を見上げる余裕がない人もいます。本来なら情緒を感じたい季節ですが、今年はコロナの影響もあってそんな余裕なし。イベント系の運送業とのこと。機材やグッズでトラック何十台、と運んでいたものがほとんどゼロに。これは本当に大変です。明日からはイベントの人数制限が緩和されますが、あまり期待していない、とおっしゃっていました。100%は戻らないから、50~60%で、どう舵取りをするのか、大変!と。とはいえ、社長として、今日までリストラもせずに踏ん張っているそうです。コロナに負けず、頑張ってほしいです!ただ、空を見上げる余裕がないと話していましたが、下を向いてはいなかったので、ちょっと安心しました。

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。