お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

マンガが医療に役立つ!「グラフィックメディスン」という考え方

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を垣間見て「聞けば世界がちょっと変わるといいな!」な特集コーナー「ビヨンド・ザ・カルチャー」。今回は…「医療と漫画を繋ぐ新概念! グラフィック・メディスンとは何か?」 

もともと欧米で始まったという、この新概念。医療現場でもっとマンガを活用しよう!という試みとして今、さまざまな可能性が模索されているんだそうです。では「グラフィック・メディスン」が医療にもたらすものとは?また日本に昔からある「医療マンガ」はこの動きとどう繋がっていくのか?医療とマンガを繋ぐ可能性について考える特集。

日本グラフィックメディスン協会代表の中垣恒太郎さんと、世界のマンガに詳しい翻訳家で研究者の原 正人さんをお迎えして解説いただきました。