お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

“マイナポイント”の賢い活用法【節約アドバイザー和田由貴が解説】

ジェーン・スー 生活は踊る

9月17日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには節約アドバイザーの和田由貴さんが登場!今月からスタートした、マイナンバーカードを所有していればお得に利用できる「マイナポイント」について教えて頂きました!

《↓↓↓ まずはマイナンバーカードを作ろう!詳しくは… ↓↓↓》

 

和田由貴が考える「マイナンバーカードを持つ」メリット

  1. 免許証の無い方でも写真入り・住所入りの身分証として利用可能になり、住民票や印鑑証明がコンビニで発行できる。オンライン確定申告も格段に便利になる!
  2. 2021年3月からは健康保険証代わりもなるのでいいことしかない!
  3. マイナポイントでもさらにトクをするので、この機会にマイナンバーカードも申請すべき!
  4. 旧姓も併記可能で、結婚時に行う様々な手続きの際などにも便利に使える。

和田:マイナンバーカードはスマホやパソコン、郵送などで申請が出来て、必要なものは役所から受け取っている個人番号通知書と顔写真です。申請書に必要事項を記入して申請。後日はがきが郵送されるので、それを持って役所へ受け取りに行きましょう。(受け取りに予約が必要な自治体もあるので、詳しくは後日郵送されるハガキを確認して下さい)

!注意!マイナンバーカードの発行には1カ月程度は必要なので、マイナポイントの期限、2021年3月末に間に合うよう余裕をもって申請を。

「マイナポイント」概要

  • 登録した決済サービスで支払いやチャージを行うと決済額の25%がポイントとして還元される。
  • 還元額は最大5000円相当。但し各事業者、ポイントの上乗せキャンペーンなどを
  • 展開しているのでそれ以上の還元あり。
  • Suica、楽天Edyなどの電子マネープリペイドカード、Pay PayやLINE ペイなどのQRコード、そしてクレジットカード100以上の決済サービスが参加中。(Pay Payを紐付けしたら「PayPayボーナス」がマイナポイントとして付与される。)

「マイナポイント」申請方法

  1. マイキーIDの設定が必要。マイナポイントアプリをインストールして、マイナンバーカードをスマホで読み取りマイナポイント予約ページへアクセス。
  2. 暗証番号を入力するとマイナポイントの予約とマイキーIDの設定が完了。
  3. 利用したいキャッシュレス決済サービスを選択し完了。
  • 紐付けができる決済サービスは1社のみ。一度選択した決済サービスを変更するのは面倒なので、どの決済サービスと連携するか熟考を!

Q.どの決済サービスと連携させるべきか、 選び方のコツは?

和田:正攻法は、普段使いの決済サービスに紐づける事です。上現2万円の5000円還元ということで、日常的に使う決済サービスでなければ逆に無駄使いにつながりますよね。マイナポイント貯めなきゃ!って余計な買い物をしても意味ないですよ。

Q.和田さんオススメの決済サービスは?

  • d払い

*ドコモユーザー以外でも利用可能。d払いを日常使いする人には一番おすすめ

*申し込みだけで1500円分プラス(9月30日まで)

*チャージや買い物で5%、最大1000ポイントが追加

マイナポイントを合わせ最大7500円相当の還元

  • WAON

*イオンユーザーであれば一押し

*チャージ額の10%、最大2000円分のポイントを上乗せ

マイナポイントと合わせ7000円相当の還元

  • Suica

*交通手段として普段使いしている方も多いので最も汎用性に優れている

*JR東日本のJRE POINTに登録したSuicaでチャージすれば、

1000円相当のポイント付与

*JREポイントとの連携が必要というのがネック

和田:マイナポイントの原資は税金です。利用しないと損なのでぜひ申請を!!

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。