お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】特集「自民党総裁・菅氏の『反対する官僚は異動』発言から改めて考える、政治と官僚の正しい在り方」野口雅弘×三木由希子×荻上チキ 2020年9月16日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

 Main Session
時事問題など、およそ1時間にわたり特集。

政治主導の一方で、忖度も
自民党総裁・菅氏の『反対する官僚は異動』発言から改めて考える
政治と官僚の正しい在り方

安倍内閣の総辞職を受けて、衆参本会議では、総理大臣指名選挙が行われ、自民党の菅義偉総裁が第99代総理大臣に選ばれ、菅新内閣が発足しました。菅総理が「安倍政権の継承」と共に掲げるのが「省庁の縦割り打破」。また、霞が関の官僚が戦々恐々していると言われているのが、13日のフジテレビの番組での菅氏の発言です。菅氏は政府が決めた政策に反対する官僚は異動させる方針を示し、また、内閣人事局の在り方について、菅氏は見直す考えが「ない」と明言しました。

菅総理は官房長官時代、2014年に設立した「内閣人事局」を使い、省庁の幹部人事を一元管理し、「官邸主導」を実践。それが、公文書の改ざんや破棄など、官僚の忖度につながっているとの指摘もあります。今夜は、改めて、政治家と官僚の関係を振り返った上で、菅政権はどこへ向かおうとしているのか考えます。

【スタジオゲスト】
成蹊大学法学部教授の野口雅弘さん

情報公開クリアリングハウス理事長の三木由希子さん

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================