お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年9月13日「ミラクル・サイクル・ライフ」<Zwift、グラベルロード、ディスクブレーキ・・・安田大サーカス・団長安田さんの4年間のサイクルライフの変化>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に続き、4年ぶりの登場、安田大サーカスの団長安田さんをお迎えしました。
より楽しいサイクルライフを追求する団長。
4年間にはいくつもの新発見があったそうです。
その1つが先週もお話しいただいた、オンライン上でライド体験ができるプログラム「Zwift」。
そのリアルさに舌を巻いた体験を熱く語ってくれました。
海外の人とも仲良くなれるのがZwiftの魅力の1つ。あるとき、ドイツ人サイクリストの後ろにぴったりとついて走ったところ、走行が実に楽に。
つまり、現実に起こる「風よけ」まで仮想空間で体験できるのだそうです。
その上、室内なのでドリンクがしっかりと冷えていて、白湯のようになった水を炎天下で飲むこともない。そんな細かなメリットも含めて、すっかりZwiftにハマっているのだとか。
そのほかの新しい体験はグラベルロードバイク。
グラベルとは日本語で「砂利」。つまり、砂利道と舗装路の両方の走行を視野に入れたロードバイクのことです。
キャンプに最適で、自然豊かなエリアをのんびりと走り、そこで自炊した食事は格別だったと目を細めていました。
さらに「都会を走る場合もグラベルロードをすすめたい」と力説。
スピードを競ったらロードが勝つ。けど街中では信号待ちで追いつかれる。
都内は段差も多いからグラベルロードの特性が生かされる…というのがその理由なのだそうです。
また、先日亡くなられた渡哲也さんとの不思議な縁についても語ってくれました。
詳しくは音声でお楽しみください。

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!