お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」〜六本木ヒルズ「鰻炭火焼 黒長堂」の天下無双〜

伊集院光とらじおと

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」

『伊集院光とらじおと』(月〜木 朝8時30分)内の毎週月曜日10時40分頃から放送。美味しいと評判のお店のシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールが、その味を試食。さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

今回は、六本木ヒルズ内にあります「鰻炭火焼 黒長堂」の「天下無双(特々上うなぎ)」

桐畑トールのシェフが行く店0914
ウナギを1匹半(およそ330g)使っています。(通常は、200〜250g)生きたウナギを関西では、おなじみの腹開きにして串に刺して焼き上げます。そのウナギに、企業秘密の秘伝のタレを3回付けて焼き上げ、炊いた後、蒸して、せいろにしたご飯の上に乗せて出来上がりです。とにかく、蒸したウナギと変わらないくらい柔らかい食感です。その柔らかさの秘訣は、さばいてすぐに串に刺し焼き上げる事。さばいてから、時間が経ってしまうと、ウナギの水分が抜けてしまい、ふっくらと柔らかく焼き上げる事ができないそうです。ただ、さばいてすぐに焼いているので、とにかく火入れには気を使う。焼き上げる時の炭は、火力の強い「備長炭」を使用。炭も、物によっては水分の量が違い、火力が変わってうしまうので、炭一本一本を見極めて、焼き上げる場所や火力を調整しています。お店のカウンターに座ると、ウナギをさばくところから見ることができます。そして、もちろん「ウナギの白焼き」もありますので、ぜひ、ウナギ本来の味も味わってみてください。

 

六本木ヒルズ「鰻炭火焼 黒長堂」

営業時間:月曜〜金曜ランチ:11:00~15:00  ディナー:17:00~22:00 土曜・日曜・祝日:11:00~22:00
定休日:施設休業日
(※現在、新型コロナウイルスの影響で、営業時間が変わっておりますので、詳しくは、お店に確認をお願いします。)

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」09月14日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200914104108

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ピックアップ