お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】Screenless Media Lab.ウィークリー・リポート 「ますます進む技術発展〜「視覚支援」ツールの最前線を考える」塚越健司×荻上チキ▼2020年9月11日(金)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ Session

荻上チキ・Session-22 

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)

Screenless Media Lab. ウィークリー・リポート

TBSラジオが設立した音声メディアなどの可能性を追究する研究所「Screenless Media Lab.」。毎週金曜日の23時40分頃からは、ラボの研究員=fellowの方々に、音声メディアに関する様々な学術的な知見やトピック、研究成果などを報告していただきます。


【ゲスト】
Lab.のResearch Fellowで、情報社会学が専門、拓殖大学非常勤講師 塚越健司 さん
1984年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位修得退学。拓殖大学、学習院大学非常勤講師。専門は情報社会学、社会哲学。ミシェル・フーコー研究のほか、インターネットの技術や権力構造などを研究。テレビ朝日「大下容子 ワイド!スクランブル」火曜コメンテーター。単著に『ニュースで読み解くネット社会の歩き方』(出版芸術社)、『ハクティビズムとは何か』(ソフトバンク新書)。翻訳(共訳)に堀内進之介監訳『アメコミヒーローの倫理学』(パルコ出版)。その他共著多数。ウェブ記事配信に「サイバー空間の権力論」(WEDGE)、「塚越健司の情報社会学・社会哲学の視点から」(Yahoo!ニュース個人)。その他メディア出演、記事寄稿等多数。

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================