お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

使って便利、そして楽しい、付箋の最新事情。

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、使って便利、そして楽しい「ふせん」のお話です。

皆さんは付箋、使っていますか?書類や本など、「ここ大事!」というところに貼っておくと便利ですよね。私も、お芝居の台本に貼ったり、それから、雑誌の気になるページに貼ったりと、よく利用していて、デザインがかわいいものがあると、つい欲しくなります。

でも、聞くところによると、付箋は、いまどんどん進化中。調べてみたら、私が知らなかったものが、たくさんあることがわかりました。まずはテープ式。長い付箋がロール状に巻かれているので、すーっと引き出して好きな長さにカット。裏ぜんぶに粘着剤がついているので、たとえば、ファイルの表紙に貼ったときも、折れたり、剥がれたり・・・ということがありません。

そして、誰かのデスクにメモを残すとき、もし「絶対に見てほしい!」と思うなら、「立てる付箋」これがいいのではないでしょうか。粘着剤がついた端っこの部分を、折り曲げて使えば、デスクの上で自立。見えやすい角度まで計算されているので、気づいてくれること間違いナシです。

それから、粘着剤がまったくない、そんな付箋もありました。なにでくっつくと思います?それは・・・静電気。壁やドア、家具などに、吸い付くように貼りつきます。あとが残る心配がなく、また、貼り付けたまま、スライドさせて、移動させることができることも可能。ちょっと不思議な付箋です。

また、付箋の活躍の場は、部屋の中だけではありません。雨風にも耐え、気温の変化にも耐えるという、非常にタフな付箋があって、屋外でも便利に使えるんです。木材や、コンクリート、レンガ など、凹凸のある表面にも貼り付けることができます。屋外のロケでも役立ちそう。きっといろんなところに貼ってみたくなっちゃうと思います。

こんなふうに、様々な機能をもった付箋。便利なだけでなく、「ねえ、それなあに?」と興味を持ってもらえるので、コミュニケーションのきっかけにもなるかもしれませんね。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。