お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

日本一危険な神社とは!?

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、リスナーさんがオススメしてくださったパワースポット、北海道の太田山神社のお話です。

『北海道のせたな町にある太田山神社は、パワースポットで有名な神社。鳥居から本殿までは非常に険しい山道で、登った時の達成感があり、本殿から見渡す景色も最高です。』とお便りをいただきました。

パワースポットで絶景。でも、非常に厳しい山道というのが気になりますね。そこで、いったいどのぐらい「厳しい」のか、さっそく調べてみました。

太田山神社があるのは、北海道の南西部に位置する久遠郡せたな町。創建は、室町時代と言われ、北海道最古の修験道場として、信仰を集めてきました。その本殿は険しい山の岩穴にあり、参拝するには急こう配の階段、そして山道、さらには崖をのぼって行かなければなりません。最後にあるおよそ7メートルの崖には鎖がついていて、それを頼りに登ってゆきます。

片道、およそ70分から100分。山の八号目あたりに本殿がまつられ、そこから眼下をみおろせば青い海が広がっています。甘い気持ちでは参拝できない、厳しい立地の神社。ですから、こんな呼び方もされるようになりました。・・・「日本一危険な神社」。いつか、何かの機会に、強い筋力と精神がついたら、参拝させていただきたいものです。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。