お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

災害の時に必ず役に立つ防災レシピ

ジェーン・スー 生活は踊る

9月9日(水)の「スーさん、コレいいよ。」のコーナーには、栄養士の飯田和子さん登場!


食の大切さと楽しさを多くの人に伝えたいという思いから、栄養士・調理師、国際薬膳師という資格を取得されました。また、日本災害食学会・災害食専門員の資格もお持ちで、防災レシピの普及に取り組んでいらっしゃいます。

いざという時の防災レシピ!

沖縄・九州地方を襲った台風10号を始め、日本では最近、災害で大規模な被害が出るということが続いています。またいつ起こるかわからない大地震などにも備えなければなりません。そんな時、私たちに必要なのは「食」です。
災害時の「食」というと、非常食を思い浮かべる方も多いと思いますが、いつも食べなれているものを食べることができると、心が落ち着いたりもします。
ポイントは、「ポリ袋」と「カセットコンロ」、「お鍋」があると災害時、大活躍します!非常時に作れる、いつも家にあるような食材を使ったレシピをご紹介します。

離乳食や介護食としても最適、ふっくらおかゆ!

普段の生活でお米を欠かさないという方も多いと思います。災害時でも、ご飯が欲しいという方も多いと思います。番組でも以前、ポリ袋を使ってお米を炊いていたと思いますが、おかゆを紹介します。

調理機材

ポリ袋、カセットコンロ、鍋

材料

①パスタ・・・・・50g
②水・・・・・・・100ml
③トマトジュース・300ml
④蒸し大豆・・・・50g
⑤なめたけ・・・・30g
⑥海苔・・・・・・適量
⑦粉チーズ・・・・適量

作り方

①ポリ袋にお米と水を入れて空気を抜きながら口を閉じます。
②沸騰した鍋にポリ袋のまま入れて20分湯せんしたあと、そのまま15~20分蒸らす
③袋のまま深めのお皿やボウルに入れて、ポリ袋の口をあけてそのまま食べます。

ポイントは、
●お水の量はお好みで調整。
●被災した時に、落ち着ける。
●調理時間は45分。

絶品!トマトソースパスタ!

調理機材

ポリ袋、カセットコンロ、鍋

材料

お米・・・1/4合
水・・・・300ml(マグカップ1杯と半分程度)

作り方

①パスタを半分に折ってポリ袋に入れ、水を入れて30分おいておく。
②トマトジュースを加え、空気を抜きながら口を閉じ、鍋で湯せんする
(パスタの袋の表示時間を目安に)
③ポリ袋を開け、蒸し大豆となめたけを入れて、ちぎった海苔と粉チーズで味を調える。

ポイントは、
●最初の工程、パスタをポリ袋に入れて水に漬けておくことで、短時間で湯せんができる。
●トマトジュースがなかった場合、トマトの水煮缶や野菜ジュースでもOK
●蒸し大豆がなくても、蒸し豆や大豆の水煮でもOK
●なめたけと海苔の風味で和風の味わいをプラスできる!