お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

イモト、憧れの武田鉄矢さんと対面!「私も三枚に下ろしたい!」

イモトアヤコのすっぴんしゃん

「すっぴんしゃん」もう一度聴きたい方は、
下の黒丸をポチッとすれば聴けますよ♪

イモトアヤコのすっぴんしゃん | 2020/09/09/水 21:30-22:00http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200909213000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

イモトが、『イッテQのジャパンツアーin新潟』のロケを振り返り、サプライズ登場だった武田鉄矢さんに「もうビックリ!嬉しかったな~!」と憧れの人に会えた喜びを思い出して噛みしめていました。

イモト:「イモトアヤコ・今夜の三枚おろし~!」ってダメよ、タイトルを勝手に変えたら!今日から聴く人、ビックリしちゃうから(笑)そういうもんだと思っちゃうんだから。・・・何はともあれ!みなさん、見ていただけたでしょうか、『珍獣ハンター・イモト・ジャパンツアーin新潟』。最後にまさかまさかの「武田鉄矢さん」登場しちゃいました~!

イモト:これね、オンエアではロケで黒板アートの場所に行って、そこで武田鉄矢さんが出てこられたんで、黒板のゆかりのある人が来てくれています、武田鉄矢さん登場、実はイモトが大ファン、としか情報が無かったんで。ちょっと色々と説明をさせていただくとですね、もともと私が武田鉄矢さんの文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚下ろし」というラジオ番組をすごい好きで聴いていていますというのを、この『すっぴんしゃん』でお話ししていて。そのつながりもあって、新潟まで来てくださったんだなと解釈しているんですけど。私が武田鉄矢さんのラジオを聴いて大ファンなんだというのを、ここで消化させたい!

ホンモノの“金ぱっつぁん”!

イモト:そういうのもあって、ゲストに来てくださったんですよ!もうね、ビックリしました!まさかの金ぱっつぁんですよ!オンエアでも言ってますけど「ホンモノ?ホンモノ?」って(笑)あれだけモノマネされる方が多いと、一瞬、モノマネの人と思ってるくらい、ホンモノだったわ~(笑)

武田鉄矢さんは“国民の先生”!

イモト:素敵な授業でしたね~。私が芸人ということで「芸人にまつわる授業」をしてくださったんですけど。小さい頃から金八先生を見てましたから、話がスッと入ってくるんですよね。私にとってもそうだし、“国民の先生”ですよね。しかも、場所も黒板だったし、私もセーラー服だったし、なんかしっくりきたんだよなァ~。感動したな~。素敵でしたよ。

武田鉄矢さんの「ネタ帳」に感動!

イモト:オンエアにはなってないんですけど、武田鉄矢さんが登場されてびっくりして、「今朝の三枚下ろしを聴いてます!」とお伝えして。武田鉄矢さんがA3 くらいのでっかいノートを持ってらして、そこにいっぱい文字が書いてあって。そしたら武田鉄矢さんが「これ、ラジオの三枚下ろしの時に使っているネタ帳なんだよ」って教えてくれて。ちょっとだけ見せてもらったんですけど、もうね、文字がみっちり書いてあんのよ!

イモト:あのラジオって、1冊の本を武田鉄矢さんが三枚に下ろすように解説する番組なんですけど、1冊の本を下ろすのにこんだけのお勉強をされてやってらっしゃるんだと思って。それをさ、1994年から番組が始まって26年、毎週よ。すごい努力ですよね。「今朝の三枚下ろし」、そりゃあ分かりやすいわ。聴いたら、その本を読んだ気になるんだもん!ていうくらい上手に下ろしてらっしゃるのよ!

武田鉄矢さんの「芸人の授業」に感動!

イモト:そのノートも感動したし、「芸人にまつわる授業」ね。~芸人というのは荒涼とした世界に、草木、花を植える人のことを芸人っていうんですよ、だからイモトさんもそういう芸人さんになってください!~って言われて、クゥ~~~!!!先生!って思って(笑)すごく感動して。

イモト、さっそく“鉄矢ノート”を買う!

イモト:ほんとにいろんな知識もあるし、本を読んで自分なりに勉強されていられるから、「イモトさんに授業」って言ったら芸人さんにはこの授業ってすぐ出てくるんですよ。この方にはこういう授業しようとか。いろんな引き出しがあのノートに詰まっているんですよね。もう何十冊や何百冊もあるんじゃない!?感動しちゃって、次の日、私、ノートを買っちゃいましたよ!“鉄矢ノート”(笑)A3の方眼のマス目のノートが無くて、結局、A4にしたんだけど(笑)大きいのが欲しかったのよ~。

イモト、「私も三枚下ろし、やります!」

イモト:いつも思ってたのは、本は読むんですけど、やっぱり忘れちゃうんですよね。1年たったらあの本、どんなだったかなって覚えてないことが多いから、これは武田鉄矢さんのマネをして、私も本を読んだら自分なりに下ろしていこうと思って。三枚に下ろして、ノートにまとめてみようと思いました!まだやってないんですけど、次、本を読んで三枚に下ろしたら、下ろさせてください!「イモトアヤコの三枚下ろし」。それで一度、下ろしてみようかな。人の番組のパッケージを勝手にパクっていいですか(笑)そういうのが習慣付けば、本を読むときに役に立つかもしれないですよねー。私も、ああいう風になりたいなー。人に伝えていくのは大事ですね。

イモト、他局のラジオ番組の話ばかりでディレクターからクレーム!

イモト:1冊読むのに、わかんないところが出てくるから別の本も読んでとか、いろんなことで1週間分を作ってらっしゃるから、やっぱ文化放送の「武田鉄矢・今朝の三枚下ろし」は聴くべきよ!そうとう苦労して作ってらっしゃるよ。(他局!)って、今ディレクターさんからクレームが入りました(爆笑)そうなんだけど、勉強になるんだよ!それだけの熱と時間をかけて作っている番組なんだなって。武田鉄矢さんに会って感動しちゃったよ!ということをここで言いたかったのよ!

イモト:ぶっちゃけ、「イッテQ」のオンエア、3分あったか無かったかくらいよ。そのためだけに新潟に来てくれたのよ!申し訳ないよ!何かのついでかと思ったのよ、むしろ何かのついでであってくれと思ったよ。ほんとありがたいよ。なので、新潟ロケの思い出は、ほぼ武田鉄矢さんなんですけど(笑)

イモトと、新潟とたらい舟と48時間と

イモト:新潟は何回か行かせてもらっていて。ドラマ「下町ロケット」の撮影で燕三条の畑でやらせてもらったこともあったし。実は私、10年くらい前に「ミリオンダイス」って番組があったんですけど、そこで佐渡島から新潟の本土にたらい舟を使って横断するという企画をやってて。今回も佐渡島で10年ぶりにたらい舟をやらせてもらったんですけど。その10年前の企画が辛くて、24時間かけて人はたらい舟で横断できるかって企画だったんですよ。ほんとに漕いだのよ、24時間ずーっとたらい舟の上で、大海原に出て、ほぼ休憩も無くひたすら漕ぐ。前の年に24時間テレビでマラソンを走ったんですよね。もしかしたらその時より、辛かったかもしれない。ていうくらい過酷なチャレンジだったんですよ。

イモト:それにも関わらず、視聴率がめちゃくちゃ悪くてね!「たらい舟、見ましたよ」って誰にも言われないのよ!24時間マラソンも辛かったんだけど、「すごかったですねー!」とよく言われたんですよ。たらい舟は誰からも言われなく、そういう辛さもあったのよ!地獄の企画。今回また、たらい舟をやるって聞いて「うわっ」と思ったんだけど、えらいもんで。あれだけ漕いだから、今回は乗った瞬間から上手に漕げて、行きたい方向にも行けるし、楽勝だったね(笑)

イモト:元々たらい舟は磯ねぎ漁をするためのもので、磯周り、波の無いところを海女さんが漕いで上から水中メガネで見てモリでつくという楽しいものなんですね。それ、私は使い方を間違えちゃって。大海原で横断はダメよ(笑)潮の流れがすごいんだから! 1回目のチャレンジは潮の流れに戻されて半分くらいのところで断念したんですね。その時、悔しくて泣いて「いつかリベンジしたい!」って言ってしまったんですね。つーか、言うよ、その時は悔しいから。そしたらまさかの3週間後にリベンジ(笑)「イモトさん、言いましたよね」って。確かに言ったけど!リベンジ早くね?と思って(笑)で、結局、たらい舟を2回やってんのよ!計48時間もこぎ続けてんのよ!それはうまくなるよね。で、2回目はうまく潮の流れに乗ることができて、佐渡島から新潟の本土まで行くことが出来たの。

イモト、金に目がくらむ!

イモト:今回、「佐渡金山」にも初めて行きました。人があれほど掘れるのに感動したし、一番びっくりしたのは金の価値。どうします、金!すごいらしいですね。私、金にすごい興味が湧いてて。小声になっちゃいましたけど(笑)ここだけの話、ここ数ヶ月でめちゃくちゃ上がったんですって!私、知らなくて。金1キロが売ってたんですよ、700万円ちょっとだったのかな。まあ高いんだけど、聞いたら数ヶ月前は500万円台だったと。それがこういう時代になって、お金の信頼度が無くなってきたのかな、有限のあるものなので金の価値がドバッと上がったんですって!昔から金は下がらないというけど、ホントにそうかも!と佐渡金山に行ってよりそう思いましたね!!

“メイドイン・燕三条のペグ”をもらい、「早くキャンプ行ってペグを打ちたい!」

イモト:あと、新潟といえば金物ですよね。今回、燕三条という町でいろんな技術を教わったんですけど。マジックメタルという0.0何ミリの隙間を型を取る技術とか、包丁、フォーク、ナイフなどいろんなものがあるんですけど。何個か頂く事が出来まして(笑)「藤次郎」さんという金物屋さんの包丁に「アヤコ」と彫ってもらったオリジナルで!一番嬉しかったのが「ペグ」。テントを地面に固定する時の「ペグ」。「燕三条のペグ」が一番いいと言われてるんですよ!超丈夫で、どんなに硬い地面にも打ち込めるペグを何本か頂いて。持った瞬間、重たいんだけど、アルミのやつとはぜんぜん違う!アルミのは硬い地面だとすぐ曲がっちゃうのよ。でも、あのペグは一生使えるよ!もう早くあのペグを打ちたいもん!キャンプに行くのが楽しみ!だから新潟は見所がたくさんありますね。

来週16日の放送は『イモトが選ぶ!安室奈美恵ベストテン!!』をお送りします!

イモト:毎年この時期はやっちゃいますよね〜。私の持ち込み企画ですね。みなさん、私が選ぶ「安室さんのベストテン」を予想してみたり、私だったらどれをベストテンにするんだろう・・・と考えたりとか。いいじゃないですか!私の1位とみなさんの1位が合うのでしょうか!?楽しみですね〜!私は間違いなく楽しいし、幸せな時間になると思います!

TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(9月9日・水曜放送より)