お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

散り際ですら美しく!怪盗と探偵の決着。【黒蜥蜴・後篇】ゲスト:髙汐巴さん

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

今週は先週に引き続き、ゲストに女優の髙汐巴さんをお迎えし、中嶋朋子さんと共に、江戸川乱歩の『黒蜥蜴』後編をお届けしました。

中嶋さんが演じられた「探偵」明智小五郎は、文学の扉リスナーだけでなく、敵対する「怪盗」黒蜥蜴をも惹きつける人間的魅力を表現されていました!!

高汐巴さん演じる黒蜥蜴は、美しい物を集める目的で美しい見た目の人を剥製にしていました。
とても恐ろしい事をしているのに、まるで後悔している様子をみせない黒蜥蜴には、先週のラジオドラマでは観る事のできなかった残忍な犯罪者的一面が観られて、非常に満足感の得られるラジオドラマでした!

そしてクライマックスの明智小五郎に追い詰められて毒を飲むシーンでは、黒蜥蜴の“捕まるならば死を選ぶ”意志の固さも相まって、最後の瞬間まで思い描いていた怪盗そのものでした。

先週と今週に渡ってラジオドラマ『黒蜥蜴』をリモートではありますが、西村成忠がブログ担当として収録の場に参加させていただきました。
宅配業者に成りすまして御令嬢を誘拐したり、探偵が悪党の本拠地に単身忍び込んだりと、とてもエキサイティングに話が進むごとに次の展開が楽しみになり、このラジオドラマを聴いている間は現実を忘れ没頭できる、そんなお話でした!

by 西村成忠


 

ピックアップ