お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「夏の夕暮れに聴きたい最新韓国インディーロック特集」(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム(2020/08/28)

「夏の夕暮れに聴きたい最新韓国インディーロック特集」

夏の夕暮れに聴きたい最新韓国インディーロック特集http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200828123721

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

高橋:本日の特集はこちら! 「夏の夕暮れに聴きたい最新韓国インディーロック特集」。毎回ご好評いただいている韓国インディー特集。前回は7月17日に「憂鬱な梅雨時に聴きたいジャジーでメロウな最新韓国インディーポップ」と題してお届けしましたが、今回は夏の夕方から夜にかけて聴くのにぴったりな開放感があってちょっとメロウな曲を集めてみました。

スー:エモい!

高橋:計4曲紹介しますね。一曲目は、ウィー・アー・ザ・ナイトの「Club Midnight」。5月21日リリースのアルバム『Midnight Fantasy』の収録曲です。ウィー・アー・ザ・ナイトは2013年から活動している4人組。バンド名に打ち出されている通り、夜をイメージした音楽やビジュアルを追求しているそうです。影響を受けたアーティストとしては、イギリスのコールドプレイ、それから以前にこのコーナーで取り上げたHONNE……覚えてます?

スー:うん、覚えてる覚えてる。

高橋:そのHONNEなんかの影響を受けているみたいなんですけど、この曲を聴けばそれがよくわかると思います。

M1 Club Midnight / We Are The Night

スー:いいですねー。少し暑さが落ち着いたころにこの曲を聴きながら自転車に乗って公園に行きたいね。

高橋:おー、いいシチュエーションですね。続いて二曲目は、ラフィナ&キャヴィの「Baby’s Breath」。7月9日リリースの最新シングルです。ラフィナ&キャヴィは韓国ソウル出身の男女デュオ。おそらくこれがデビューシングルだと思います。80年代のシティポップ調の爽快な曲で、いわゆる「懐メロの新譜」というやつですね。

M2 Baby’s Breath / Raffina & Cavi

高橋:いまもしかしてミュージックビデオを見ながら聴いてました?

スー:そうなの。かわいいね!

高橋:うん。チープさが絶妙な魅力になってるビデオですよね。

スー:いい感じ!

高橋:では三曲目、三曲目はニア・アイ・ゴーの「Nightwalker」。7月11日リリースの最新シングルです。ニア・アイ・ゴーも先ほどのラフィナ&キャヴィと同じく男女デュオで、たぶんこれがデビューシングル。タイトルの「Nightwalker」の通り夜のお散歩のBGMにぴったりな曲で、ミュージックビデオもまさに夕暮れから夜にかけてのソウルの街を舞台にしています。抑え気味のシンセサウンドと男女のウィスパリングボイスがおしゃれですね。

M3 Nightwalker / Near I Go

スー:湿度がどんどん下がっていく感じ。これ聴きながら首都高を走りたいね。免許持ってないけど!

高橋:最後、四曲目はウェイヴ・トゥ・アースの「Surf」。8月4日リリースのEP『Summer Flows 0.02』の収録曲です。ウェイヴ・トゥ・アースは2019年にデビューした3ピースのロックバンド。このコーナーでたびたび取り上げているヒョゴにも通じる高い音楽性を感じさせるところがありますね。この曲はギターのクリアな音色がめちゃくちゃ気持ちいいんですよ。

M4 Surf / Wave to Earth

スー:気持ちいい!

高橋:これはめちゃくちゃいいでしょ?

スー:最高ですね! 堀井さん、起きてますか?

堀井:はい、なんか気持ちよくなっちゃいました。

スー:堀井さん。こういうの好きなんだね。

高橋:終始ニッコニコでした(笑)。

堀井:うん、気持ちよかった!

高橋:というわけで以上4曲、これでプレイリストをつくって夕涼みでもしながら聴いたら最高なのではないかと。ぜひお試しください!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

8月24日(月)

(11:05) California Girls / David Lee Roth
(11:27) Magic / The Cars
(11:35) Talking In Your Sleep / The Romantics
(12:17) Jeopardy / Greg Kihn Band

8月25日(火)

(11:04) The Isley Brothers / Summer Breeze
(11:27) Roberta Flack / Feelin’ That Glow
(11:36) Stevie Wonder / Summer Soft
(12:13) Commodores / High On Sunshine
(12:50) ブレッド&バター / Summer Blue

8月26日(水)

(11:05) Cruel Summer / Bananarama
(11:27) What Is Love? / Howard Jones
(11:38) Too Late for Goodbyes / Julian Lennon
(12:17) Always Something There to Remind Me〜僕はこんなに〜 / Naked Eyes
(12:51) 夏のシャングリラ / 伊藤銀次

8月27日(木)

(11:08) Sunny Afternoon  / The Kinks
(11:28) Daydream  / The Lovin’ Spoonful
(11:37) All I Really Want to Do / The Byrds
(12:12) A Summer Song / Chad & Jeremy
(12:47) 夏が来て僕等 / 真島昌利

8月28日(金)

(11:10) A Night to Remember  / Shalamar
(11:26) Back to Love  / Evelyn Champagne King
(11:36) Jump to It  / Aretha Franklin
(12:11) Love’s Comin’ at Ya / Melba Moore