お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

自分なりの「浮世絵」を作る。

ジェーン・スー 生活は踊る

今日、8月24日月曜日の「スーさんこれいいよ!」は、美術ライターの浦島茂世さんに、お家で楽しめるアート作品を「初級・中級・上級」に分けて、教えていただきました。

浦島茂世さんですは…
◎年間150件以上の美術館に足を運ぶ美術ライター。文化庁の「文化審議会博物館部会」の委員にも就任。博物館に関する政策を議論。「生活は踊る」から「文化庁」まで、幅広くご活躍中です。

初級!浮世絵をお家に飾っちゃおう!浮世絵ジェネレーター!!

現在開催中のukiyo-e2020展の特別サイト内にある「浮世絵ジェネレーター」が、よくある仕組みながらけっこう楽しいです。浮世絵をダウンロードして、印刷することができます。文字やスタンプも載せることができるので、残暑見舞いやzoomの背景にもできそうです。番組名、スタンプを入れてみると・・・こんな感じになりました!

◎「浮世絵ジェネレーター」は、現在開催中の「ukiyo-e2020」の特別サイトから体験できます。サイトからすぐに印刷できるので、ぜひやってみてください!

中級!自分の書いた絵が世界へ!チームラボのフラワーズホームカミング!!

ウルトラテクノロジスト集団・アート集団、「チームラボ」の「フラワーズホーミング」は、自分で描いた花の絵が、世界中のテレビやPCスマホの中で咲いていくというもの。やり方としては、公式サイトから花の絵をダウンロードし、色を塗ってスマホやPCでアップロード。すると、アップロードされた花が集まってYouTube上で常にみられる。音楽も一緒になって幻想的なアートに。
◎チームラボの「フラワーズホーミング」は、チームラボのHPから、体験できます。

上級!セルフミュージアムを作ろう!カルチュラル・ジャパン!

電子博物館「カルチュラル・ジャパン」というサイトが(日本文化に関連する情報100万件を集約している)が8月に公開されました。いろいろと美術品が検索できるのですが、「セルフミュージアム」という、 サイト内で検索できる世界各国の収蔵品を、誰でも好きなように配置して展示できる機能がある。オンライン上に自分の考えたコンセプトに沿った、自分だけのミュージアムをつくり楽しむことができる。寄りでもみられるので、作品をアップにして見ることができます。ただ、操作が結構難しいので、PC上級者向け。インターネット等に詳しい人におすすめです。
◎セルフミュージアムは「カルチュラル・ジャパン」のサイトから見ることができます。

現在の美術館・博物館は?

いまの美術館・博物館は、混雑なし!しっかり3密対策をしていますので、どこもガラガラ。非常に涼しいのでおすすめです。ただし予約が必要なところも多いので、ご注意を!また、おすすめは、先ほど紹介したukiyo-e2020展。日本3大浮世絵美術館と言われている太田記念美術館、平木浮世絵財団、日本浮世絵美術館の素敵な浮世絵をたっぷり見られる展覧会です。東京都美術館で開催中。浮世絵が生まれたときから明治ぐらいまで、たっぷり400点くらい展示しているので、どれか好きな浮世絵が1点くらい見つかるはず。あと、もうすぐ終わっちゃいますが(8/27まで)世田谷美術館の「作品のない展示室」もよいです。作品を飾ってない、がらんどうの美術館の建物をじっくり楽しむ展覧会。内井昭蔵が設計した建物の空間をたっぷり楽しめます。

ピックアップ