お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ケガさえしなけりゃ殺し合ったっていい」伊集院光とらじおと戦劇者・坂口拓と!

伊集院光とらじおと

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」

「伊集院光とらじおとゲストと」

今日のゲストは戦劇者(アクション俳優)・坂口拓さんでした。

最新の主演映画「狂武蔵」について「ルールはナシでやりました。ケガさえしなければ殺し合ってもいいと思ってますから」と独特な表現。「でも、俺を殺すつもりで来いって言ったら、キャストたちがホントにバンバン打ち込んできて、開始5分で手の指が折れてました」と衝撃発言!そのうえで「斬り合いもリアルに長時間やってくると、逆に型に忠実になってくる。めちゃくちゃにやってると、仲間を斬っちゃうんですよ」と、まさに現場のリアルを聞かせてくれました。

肩甲骨を駆使する『ウェーブ』を使うウェーブマスターの坂口さん。「肩甲骨が僕、360度回るんですよ。その力をウェーブを使って相手に伝える。握手で首の骨も折れます」と豪語。ご自身が語る『戦劇』と『アクション』の違いは「自分がリアルを追求すればするほど観ている人に伝わらなかった。で、気持ちが切れちゃって1年間だけ引退しました。そのスランプを経て、復帰してからは人を殺すんじゃなくて生かすようになりました」と辛かった過去も教えてくれました。

今後は「侍映画をやりたい!自分も生き方を曲げずに強い侍を演じたい!刀だったら、1秒間に4振りはいけます!」と、最後までらしさを見せてくれた現代忍者だったのでした!

伊集院光とらじおとゲストと 2020年8月20日(木)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200820100000