お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 8月10日放送分】絶対に「向いている、めちゃくちゃ好き」ということが見つかります ゾフィーの上田航平さん▼都内で初めて「探求コース」を導入 足立学園中学校高等学校▼石井大裕×谷本魁渡×美空(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2020年8月10日(月) 放送後記

スタジオは高校3年生の谷本魁渡(たにもと・かいと)くん、
高校1年生の美空(みく)さんとお送りしました。

 

<高校生の主張>

「新型コロナウイルス」の感染拡大を防止するため、5月や6月は

高校はもちろん、大学、中学校、小学校など、

ほぼ全ての教育機関で休校状態が続きました。

緊急事態宣言は解除されましたが、生徒の皆さんは、今年、

今までとは違う「新学期」を過ごされていますね。

番組でも、2月以来、高校への直撃取材を見合わせてきましたが、

感染防止対策をじゅうぶんに行い、徐々に再開しています。

部活動の本格的な活動再開はこれからですが、

「特別取材」として、以前にも取材でお世話になった

東京・北千住の「足立学園中学校高等学校」にお邪魔し、

都内の高校で初めて導入された「探求コース」について

飯山泰介(いいやま・たいすけ)先生に伺いました。

番組レポーターの田中ひとみが取材しました。

 

田中ひとみレポーター

足立学園の「探究コース」とは、どんな学習ですか
飯山泰介先生
「足立学園は、全日制の普通科の学校です。その『普通科』のコースとして『探求コース』『文理コース』『総合コース』と分かれています。(具体的には)学習指導要領に載っている『国語』『数学』『英語』をはじめとした各教科、芸術や体育、技術、情報なども全て習いますが、それとはまた別に2時間の学習が正規の授業の中に入っています。(その2時間では、どのような学習を?)高校1年生の探究では、私ども(教諭)から与えられたテーマを、共同作業を通じて解決していきます。そして、1年生の後半から2年生になると、自分で立てたテーマをもとに論文を書いていくという時間の使い方になって行きます。おそらく『探求』という授業で、生徒個人がテーマを考えて解決してゆくということは多くの学校さんがもう始められています。ただ(足立学園のような)『探求コース』となると、『日頃の考え方から探求的であれ』ということがポイントになり、『全ての授業において探究的である』という考え方です」

 

飯山泰介先生

田中レポーター

探究コースの生徒の皆さんは、どんなことを探求しているのでしょうか
飯山泰介先生
「『パイソン』というプログラミングのソフトを使って『自動運転の可能性』を追求し、探求している生徒がおります。先日、校長に途中経過のプレゼンテーションを行いました。プログラミングが正しいかどうかを、実際の機材を使って動かして検証したいというプレゼンテーションでした。この生徒は、世の中の交通事故を減らして、一人でも怪我や事故に遭う人を無くしたいという理念のもとで、そのような探求をしています。こうしたことが、ゆくゆくは、人のため、世の中のために繋がっていってくれると、学校としては非常に嬉しい限りです。それから、『スペースコロニーに移住する日が来るのかどうか』というところから、日本のことだけではなくて、世界的な資源の枯渇化、地球温暖化による気候変動の問題を含めて、本当に地球に住み続けられるのか、できないのかを探求している生徒がいました。その探求の過程で、清水建設のかたが行っていらっしゃるプロジェクトに、たまたまヒットすることができて、そこで清水建設さんに本校の卒業生がいたので、その伝手でインタビューや、いろいろな取材をさせてもらって、最終的に清水建設さんで自分の作った論文をプレゼンテーションするという素晴らしい機会をいただいた生徒もおりました」

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

今週も、「お笑い第七世代」として注目されているコンビ

「ゾフィー」の上田航平(うえだ・こうへい)さんを迎えました。


 

上田航平さん。

神奈川県出身の上田航平さんは、慶應義塾高校から慶應義塾大学法学部政治学科に進学。卒業後、劇団の立ち上げなどを経て、お笑いの世界へ。2014年に現在の相方・サイトウさんとお笑いコンビ「ゾフィー」を結成。歪んだ正義を主張する毒のあるコントに定評があり、TBS「キングオブコント」の2017年と2019年のファイナリストになるなど、「お笑い第七世代」の中でも実力派コンビとして注目されています。また、趣味の映画鑑賞の分野でも活躍されています。石井大裕の高校・大学の先輩です。

石井大裕アナウンサー
「芸人になる」という決断は、どんなことがきっかけですか
上田航平さん
そもそも、僕は、お芝居がやりやくて、大学では演劇のサークル入り、卒業してそのまま、劇団を立ち上げました。自分が主宰者として「劇団をやる」と言って仲間を集め、始めました。しかし、そこで、少し「尖ってしまった」というか、「天才だ」「世の中の中心だ」みたいな感じになっってしまい、劇団のメンバーがだんだん離れてゆき、結局、解散してしまいました。そこで、心が折れたというか、身勝手なことをしていたら人が離れていくわけですから「こういう生き方は違うな」と思ってきて、一方でやりたいこともあるなという状態でした。そんな時に、大学の先輩でお笑いをやっていたかたがいて、「お笑いをやらないか」と誘われて、「この人のために何かやろう」と、自分の中では、わりとその先輩に言われるがままにネタを作りました。そうしたらウケちゃいまして(笑)。こっち(お笑い)が向いていたというか、自分の中で、いちばん楽しい、正しいという気がしました
    

石井アナウンサー
勉強法のアドバイスを始め、高校生の皆さんへのメッセージをお願いします
上田航平さん
勉強法は人によりますけれど、好きなところを見つけたら早いですよね、絶対。世界史の勉強などは、いろいろと覚えるのは大変ですよね。それを、例えば、音楽やバンドが好きだったら、「ロックの歴史」のようなものの年表を自分で先に作って、「ビートルズがこうしていた時代は、こんな時代だったんだ!」と理解してゆく方が勉強できるのではないでしょうか。好きなものに置き換えてゆき、そちら(ロックの歴史)を先に勉強し、いわば後付けで世界史を勉強するという方法はいかがでしょうか。(高校生の皆さんへのメッセージは)偉そうなことは言えませんが、やはり、「好きか、嫌いか」を知るというのは大きいのではないでしょうか。そのためには、いろいろなものを見て、「これは自分には合わないな」とか知ることも大事です。僕も結局、野球をやって、剣道をやり、お芝居もやり、お笑いに行ったというように、いろいろ経由して、今、ここにいます。絶対に、何か、向いていることがあります。向いていると言うか、出来不出来に関わらず、「めちゃくちゃ好き」ということが出てくるので、いろいろ見て「あれ?自分は意外と、これが好きなのかな」というものを見つけることが大事ではないでしょうか。例えば、映画を観て「ストーリーに興味が湧いてきた」という人、「演じる側に興味を抱く人」もいれば、「舞台のセットって、どうやって作っているのかな」という点に注目する人もいます。いろいろ見て、好きなものがいくつか出てくるので、そこで、やりたいことを選ぶのが良いのかなと思っています

 

足立学園の飯山泰介先生。
インタビューをさせていただき、「探求コース」での成果に、
大きな可能性を予感しているように感じました。

上田航平さんの「好きなこと」の大切さについてのお話し、
石井も大いに感銘を受けていました。
上田航平さんは、TBSラジオで、
月曜日~木曜日の朝8時30分から放送中の
「伊集院光とらじおと」にレポーターとして出演中です。
こちらも、ぜひ、お聴きください!

詳しくは、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200810210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

足立学園の飯山泰介先生、実は足立学園の卒業生で、
先週お話しを伺った杉山直輝先生の「教え子」だそうです。
家庭的な雰囲気も感じられる足立学園、
取材に協力いただき、ありがとうございました。

番組では今後も、感染防止に留意しながら、
高校への取材などを進めてまいります。

「ハイスクール・ア・ゴーゴー」は、
これからも高校生の皆さんを全力で応援してまいります。

皆さん、夏休みも中盤です。
熱中症に注意して「いつもと違う夏休み」を
充実したものにしてくださいね。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================