お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

橋本じゅんさん 「舞台は、ちょっと浮世離れした生活になる」劇団☆新感線の人気役者 有馬隼人とらじおと山瀬まみと

有馬隼人とらじおと山瀬まみと

毎週金曜日朝8時30分から11時まで放送中の「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」
有馬隼人とらじおと山瀬まみと

8月7日は、俳優の橋本じゅんさんをお迎えしました。

兵庫県出身の橋本じゅんさんは、大阪芸術大学在学中の1985年、「劇団☆新感線」に参加。現在、「日本一、チケットが取れない」といわれる「劇団☆新感線」に無くてはならない存在として大活躍。特に「直撃!ドラゴンロックシリーズ」で演じた主役の剣轟天は、その圧倒的な存在感から、人気脚本家・宮藤官九郎さんがご自身の演劇ユニットで客演を依頼するほどでした。その後、数々の舞台、映画、ドラマでおなじみとなり、現在放送中の、TBS金曜ドラマ「MIU404」、NHK連続テレビ小説「エール」などに出演中です。

様々な作品でお顔を見かける橋本じゅんさん。番組では、大阪芸術大学に在学中、お芝居の世界に入っていったきっかけや、これまでの出演作品のことなどを伺いました。舞台俳優として活躍されている橋本さん。現在は、TBS金曜ドラマ「MIU404」にて、「現場のまとめ役」のような存在としても注目されています。

ホームグラウンドである「舞台」と映像作品との違いについて、橋本さんは「舞台は、ちょっと浮世離れした生活になるんです。例えば『劇団☆新感線』ならば、ワンステージが4時間、ツーステージなら8時間、インターバルも合わせると、ほぼ11時間くらい劇場に居て、お休みは『休むだけ』に終始する。社会性と、どんどんかけ離れて行って、年がら年中部活をやっているような感じ」と表現され、映像の現場に行くと、芝居へのアプローチの仕方が「(共演者の皆さんに)あ、そうか、教えてください!となる」とおっしゃっていました。

TBS金曜ドラマ「MIU404」の撮影秘話、ミュージカルドラマ「とどけ!愛のうた」の内容についてもたっぷり伺いました。

詳しくは、下記のバナーをクリックして「radiko」のタイムフリーでお聴きください。放送後1週間、聴取が可能です。

橋本じゅんさんが出演されている、TBS金曜ドラマ「MIU404」の第7話は、TBSテレビ・6チャンネルで、今夜(7日)10時から放送します。今回はゲストに、りょうさん、塚本晋也さん、ロックバンド「KingGnu」の井口理さんが出演します。
詳しくは、こちらのホームページをどうぞ。
https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

そして、動画配信サービス「Paravi」で配信中のミュージカルドラマ「とどけ!あいのうた」は、全5話、配信済みです。こちらにも、橋本じゅんさんが出演されています。インターネットで「Paravi」と検索してください。

有馬隼人とらじおと山瀬まみとゲストと 2019年8月7日(金)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200807100000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)