お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


明日へのエール「金のことば」6月25日(土)は、作曲家・芥川也寸志の言葉

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜6時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


いくら歳月を経ても色あせない言葉があります。そんな、時空を超えて私たちの心に届く偉人たちの言葉をご紹介する「金のことば」

作曲家・芥川也寸志

6月25日(土)は、 作曲家・芥川也寸志 の言葉を紹介しました。戦後の日本を代表する作曲家の一人、芥川也寸志。1925年に、文豪・芥川龍之介の三男として生まれ、23歳で作曲家としてデビュー。5年後には『弦楽のための三楽章』がカーネギーホールで初演されるなど、戦後の日本音楽界でいち早く活躍を始めました。また、TBSラジオ『百万人の音楽』のパーソナリティを、亡くなる直前まで20年以上に渡って務めるなど、ラジオ・テレビでも活躍。ダンディな容貌とソフトな語り口でお茶の間の人気者でもありました。その芥川が、特に熱心だったのが、アマチュアの育成・指導。彼は、1956年に、アマチュア演奏家だけによるオーケストラ、新交響楽団を結成します。今回は、アマチュアオーケストラにまつわるエピソードです。

放送の内容はYouTubeでお聞きいただけます