お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

麻丘めぐみさん、「私の彼は左きき」の歌詞を初めて見た時、当時の世の中の流れから「『え?これ、大丈夫?歌えるの?』って思いました」。

大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版

8月1日のゆうゆうワイド、8月最初のお客様は、
歌手で女優の麻丘めぐみさんお迎えしました。

大分生まれ大阪育ちの麻丘めぐみさん。
3歳から子役やコマーシャルのモデルとして活躍し
雑誌「女学生の友」や「セブンティーン」にも
専属モデルとして登場していたそうです。
歌手をしていたお姉様の現場でスカウトされて、
1972年に「芽ばえ」でレコードデビュー。
日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞し、
その後も「悲しみよこんにちは」「女の子なんだもん」
「森を駈ける恋人たち」など次々とヒットを飛ばし
特に、1973年発売の「わたしの彼は左きき」は
驚異的な売り上げを記録し、NHK紅白歌合戦にも
出場するなど、トップアイドルとして活躍されました。

いったん引退したのち、1983年に芸能界に復帰、
現在は女優として舞台、テレビ、バラエティー等で
活躍されています。

世の中に「左ききブーム」を巻き起こすなど
社会現象となった歌「私の彼は左きき」。
当時の世の中は、今では考えられない偏見ですが
まだ、左ききに厳しい視線が注がれていたそうです。
麻丘さんは当時を振り返り、この歌の詞を初めて見た時、
「『え?これ、大丈夫?歌えるの?』って思いました」と
おっしゃっていました。

麻丘めぐみさんの 初の自選ベストアルバムで
29年ぶりの新曲「フォーエバースマイル」が収録された
「プレミアム・ベスト」

「DVD」と「フォトブック」「CD2枚組」の生産限定盤、
「CD2枚組」の通常版、
いずれもビクターエンタテインメントから発売中です。
お近くのCDショップ、
ビクターエンタテインメントのホームページ
インターネットのCD販売サイトにてお買い求めください。

大沢悠里のゆうゆうワイド | TBSラジオ | 2020/8/1 15:00-17:00 http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200801150000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)