お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【聴き逃した方へ】三大麺制覇!伊東歌詞太郎さんの岩手愛と宮沢賢治への愛▼敬愛する芸術家【岡本太郎・ピカソ・茨木のり子】

山形純菜 プレシャスサンデー


TBSラジオ「山形純菜 プレシャスサンデー」(日曜日・午前6時~生放送)
「日曜日の朝を楽しくする」ワイド番組。
朝7時台の「プレシャスエンターテイメント」は、様々な分野で活躍するゲストを招き、お話を伺っています。


8月2日(日)7時台のゲストは、シンガーソングライター伊東歌詞太郎さん

7時台ゲストコーナー「プレシャスエンターテインメント」http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200802070313

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

出演2週目となる8月2日は、ライブで訪れた山形アナの故郷・岩手県の思い出と、歌詞太郎さんが敬愛する3人の芸術家について伺いました。

★宮沢賢治と岩手グルメへの愛

(伊東さん)
宮沢賢治が本当に大好きで全作品読んでいます!
賢治は人間の本質や優しさを描くのが特にうまくて、そういった点であげるとすれば「よだかの星」「なめとこ山の熊」が好きです。
岩手で特に美味しかったのは、岩手牛ですね。
焼肉で食べたんですけど、セットで冷麺も頂きました。
あ、あと、じゃじゃ麺!じゃじゃ麺が大好きです!
有名な白龍というお店で食べたんですが、最後の卵スープも滅茶苦茶美味しかった!
あと、岩手と言えば、わんこそばも117皿分食べましたよ!
三大麺制覇ですね。(笑)

★敬愛する芸術家①岡本太郎

(伊東さん)
一時期、「岡本太郎美術館」にハマりまして、30,40回くらいは行きました。
見どころ盛り沢山で、非常にコストパフォーマンスの良い美術館です。
美術館の作品や解説を色々見ていて、「芸術は爆発だ」という言葉の意味が分かりました。
彼は伝えたいことを爆発する感性と「こうやりたい!」っていう衝動で描いていたんですね。
それが分かってから、より尊敬するようになりました。

★敬愛する芸術家②ピカソ

(伊東さん)
初めて教科書で「ゲルニカ」を見た時、(気持ち悪いな、不気味だな、なんか嫌だな…)と思って気になったんで調べたんです。
そして、「スペイン内戦」を描いた絵だと知りました。
(ピカソは「スペイン内戦」をこう捉えていたのか…)
そう理解した時、僕が感じた(嫌だな、悲しいな、気持ち悪いな)っていう気持ちは、彼が伝えたいことを受け取った結果なんだということが分かりました。
(そうか!芸術は、心の中にあるものや考えてること、感じている事を伝えるためにあるんだ!)という、芸術そのものをピカソは教えてくれました。
もう、尊敬というか、有難うございます!って感じですね。(笑)

★敬愛する芸術家③茨木のり子

(伊東さん)
僕の中で理想があって、音楽業界の人たちは、音楽を大好きでやっていて欲しい。
音楽をやることが目的であって欲しい。
でも、意外と地位や名声、お金の為とか、音楽を手段でやっている人が結構多い。
(僕の考え方がマイノリティなんじゃないか?)と思って傷ついたり、「それでいいじゃん」と言われたり、そう思わされる言動をされることもあります。
そこで、茨木のり子さんの言葉「自分の感受性くらい 自分で守れ. ばかものよ」
僕がそうした世間の感性に流されて、よくない作品を作って傷ついた時、それを世間のせいだと思ってはいけないんです。
流されたのは誰なんだ?という話ですから。
それに気づかせてくれた時、茨木のり子先生は、僕の尊敬する人ランキング第3位に食い込みました!(笑)

いきなりソーシャルディスタンス!

その他、伊東歌詞太郎さんの朝の習慣、飼い猫とのコミュニケーションや、山形アナが「パッションをもらった」と語った歌詞太郎さんのトークの熱量を、ぜひ、タイムフリーでお楽しみください♪