お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

夏のかかとケアにオススメのクリームは?2週間使い続けてみました!【写真あり】

ジェーン・スー 生活は踊る

そろそろサンダルの季節がやってきますね!そこで目立ってくるのが「かかと」
かかとをケアするクリームってたくさん出ているけど、何がいいのかイマイチわからない・・・そんな人もいらっしゃるのではないでしょうか?ささくれ、ひび割れ、カサカサから、つるつるのかかとを目指して、生活は踊る水曜チームが「かかとのケアクリーム」を調査開始!

なぜ、かかとは硬くなる?

「かかとの荒れ」は、空気の乾燥や加齢、体重による圧迫が続くことによって、徐々に角質層が厚くなることによって起こります。そして、「かかと」は、冬の方がガサガサで荒れやすいイメージがありますよね?!そもそも肌には「皮脂腺」と「汗腺」があって、皮脂腺から出る皮脂が表面をコーティングして乾燥を防いでいます。しかし、かかとには皮脂腺がないため、汗腺がたくさん汗を出して、肌の潤いを守っているんだそうです。しかし!夏場は冷房などで体が冷えがち。汗が出にくく、潤いが失われてガサガサになってしまうんだそうです。

最低でも2週間の時間が必要?!

肌のケアに必要な時間は「2週間」と言われています。
ロート製薬のHPによると「角質層のターンオーバーは約2週間」小林製薬のHPにも「角質層の代謝改善(ターンオーバー)の周期は約2週間。」とあります。また、以前放送した「ひじの黒ずみケア」にはニベア!(大反響でいまだにHP閲覧数がすごいことに)も2週間を過ぎた辺りから、黒ずみが取れて乾燥がなくなってきました。ということで、かかとにも、2週間クリームを塗れば、ツルツルになるのでは?という予測から「2週間」としました。ただ、かかとは他の皮膚より固め。どこまで通用するのか、チャレンジ!

調査①「第一三共ヘルスケア ロコベースリペアバーム」


「バームタイプ」で、指で取って直接かかとに塗るタイプ。結構ベタつくかな?と思いきや、しっかり浸透して、じきにベタつきは気にならなくなりました。かかとの状態は、粉っぽいカサカサ部分がなくなりました!触れるとちょっとしっとり感があるかも。血色が良くなったようにも見えます。コンパクトで手のひらサイズ。可愛らしい円形なので、持ち歩きもいける。気になったらサッと塗ってOK。無臭なのも◎ただし・・・小さめなので、そこまでコスパは良くないかも。値段は10gで1400円ほど。ちょっとお高めです。

調査② 小林製薬「なめらかかと」


こちらは、スティックタイプ!クリームを手に取って…というような事も必要ないので、とにかく塗りやすい。手についたクリームを拭き取るような事は一切ありません!

パッケージには、お風呂上がりに毎日塗ること、塗ったあとは靴下を履くと、より効果的と記載されていますが、夏の風呂上がりに靴下を履くのは暑くて嫌な人や、夏に素足で過ごしたい人には少し不向きかも?かと思って、塗った後に素足でいると床やらそこら中がテカる。あっという間に塗る前の状態に戻ってしまいます。

ということで、床のテカリ防止策としては、先に靴下を履き、靴下をペロっとカカトまで脱いで塗ったらまたスグに 靴下を履く。こうすれば塗った直後に保湿出来る感じがありました。塗った後、朝は靴下を履き、夜は靴下を履きませんでしたが、それでも少しは効果はあったかな〜という感じです。カカトの硬さは、さほど変化がないような気がしますが、表面上のカサつきは緩和されたように思います。実はひじにも使える!というのは良い点ですね!
値段は、30g 税抜730円です!

調査③ 無限の可能性を秘める「ニベア」


足首にあった傷痕はだいぶ綺麗になりました。カサカサも少なくなっているけど、劇的ではなかった・・・そして、塗った後のベタつきもあって、スリッパが滑る!ニベアがあるから使うなら良いけど、ワザワザ買って使うのはおススメしません。ただ!ニベアを塗ってそのあとラップで巻き、10分ほどおいてみたら・・・しっとり感が一段階あがりました!サンダルでお出かけする前の日にチャレンジするといいかも!
値段は、50g 180円ほど。(コスパは最高!)


↓こちらは、小倉さんのスケキヨショットです!


効果の程はいかがでしょうか??そもそも調査員のかかとがキレイすぎる!という話もありましたが、ぜひチャレンジしてみて、あなたの目で確かめてみてください!

ピックアップ