お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ジッパー袋」で簡単セミドライトマトのオイル漬け【まるで甘〜いフルーツ!】

ジェーン・スー 生活は踊る

7月30日(木)の「スーさん、コレいいよ!」のコーナーには料理家の榎本美沙さんが初登場!!

今回は【少しの量でも美味しく、簡単に作れる! ジッパー袋で 季節のメニュー】を教えて頂きました!

《↓↓↓ さぁジッパー袋を用意して、簡単メニューを作ってみよう ↓↓↓》

梅干し作りの副産物"梅酢"を使った「みょうがの梅酢漬け」


材料

  • ジッパー袋は耐熱性のあるMサイズを用意
  • みょうが/9個
  • みりん/大さじ3
  • 赤梅酢/大さじ2(赤梅酢は市販品でも可)

作り方

  1. みょうがは縦半分に切ります。
  2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かして、みょうがを約20秒茹でたら、ザルにあげます。
  3. ジッパー袋にみょうがをいれて、熱いうちに赤梅酢を加えてなじませましょう。
  4. 粗熱が取れたら空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫にいれて8時間以上おいて下さい。

※冷蔵で1週間日持ちします。

榎本さんからのオススメ・ポイントetc…

✔︎そのまま食べるのはもちろん、(そうめん、豆腐、冷しゃぶサラダと合わせたり…)自由にアレンジも出来る。梅の風味がさわやかで夏にピッタリ。

✔︎梅酢は、梅干しを作る際に梅から出る水分です。赤じぞを使った梅干しだと、赤梅酢になります。

✔︎ 赤梅酢はオリーブ油とあわせてドレッシングや、肉魚の臭み消しにも!

✔︎ジッパー袋は未使用であれば、消毒せずにそのまま使ってオッケー!その名の通り、ジッパーが付いているので、空気を抜いて保存するのにも向いています。

✔︎空気を抜くときは、平にして袋の口から空気を押し出し、空気が入らないようにジッパーの口をしっかり閉めると密閉状態に!


さわやかなレモンの風味が夏にぴったり!「塩レモンチキン」

材料

  • ジッパー袋はLサイズを用意
  • 鳥もも肉/2枚(約500g)
  • レモン/1個
  • 砂糖/大さじ1
  • 塩/小さじ1

作り方

  1. レモンは皮をよく洗って、薄い輪切りにしましょう。
  2. 鳥もも肉の皮目にフォークを刺して、まんべんなく穴をあけます。
  3. 肉を裏返し、厚い部分に切れ目を入れ、味を染み込みやすくして下さい。
  4. ジッパー袋に肉と砂糖を入れ、袋の上からよ〜く揉み込みます。
  5. 砂糖が溶けたら、塩、レモンを肉の両面に散らすように加えて更にモミモミ。
  6. 塩が馴染んだら空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫で8時間以上おきましょう。

※冷蔵で3日・冷凍で1ヶ月日持ちします。

榎本さんからのオススメ・ポイントetc..

✔︎ジッパー袋の外側から手で揉み込むことで、味が均一に行き渡りやすくなっている。

✔︎保水効果のあるお砂糖を先に揉み込むとジューシーに!

✔︎下味がしっかりついているので、加熱だけでメインディッシュに!

✔︎フライパンでオリーブ油を熱して皮目を約2分、ひっくり返して2分半焼き、漬け込んだレモンも加えて更に3分焼けば「塩レモンチキングリル」

 ✔︎フライパンに水を入れて蒸せば「塩レモン蒸し鶏」

✔︎一口サイズに肉をカットして、揚げれば「塩レモンからあげ」


ジッパー袋で 作る季節のメニューとは…

  • 肉や魚で作る「毎日のおかず」がジッパー袋で作れる。
  •  漬け込む時間があると、食材がよりおいしくなるのも魅力。
  • 梅干し、みそ、ぬか漬けなど、調理後に日持ちがする保存食を自家製で作ろうと思っても、手間がかかりそう、出来上がる量が多くて食べきれるか心配…そこで、活躍するのが「ジッパー袋」
  • 少量でも作れて特別な道具も必要なし!

材料たった2つで旨味凝縮!セミドライトマトのオイル漬け


材料

  • ジッパー袋Mサイズを用意
  • ミニトマト/2パック
  • オリーブ油/  1/2カップ

作り方

  1. オーブンは100度に予熱し、ペーパータオルを広げたバットを用意します。
  2. ミニトマトはヘタを取って横半分に切り、切ったものから順に切り口を下にしてバットに並べ、約5分おきます。
  3. 5分経ったらオーブンの天板にオーブンシートを敷いて、ミニトマトを今度は切り口を上にして並べましょう。
  4. 100度のオーブンで2時間焼いた後、粗熱が取れたらジッパー袋に入れ、オリーブ油を注ぎます。
  5. ジッパー袋の空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に入れて8時間以上おいて完成!

※冷蔵で1週間日持ちします。

榎本さんからのオススメ・ポイントetc..

✔︎ミニトマトを低温でじっくり加熱することで、甘みや旨味が凝縮して濃厚な味わいに。

✔︎出来上がりのセミドライトマトをクリームチーズと共にバケットにのせ、塩を振れば簡単でお洒落なおつまみに。

✔︎茹で上がったパスタに塩・こしょう、砕いたくるみと一緒に和え、粉チーズを振っても美味しい!


※料理写真は全てスタッフが撮影


料理家・榎本美沙(Instagram)

*会社員時代に夫婦で作るレシピを紹介するサイト「ふたりごはん」を開設。

*会社を退職し、調理師学校も卒業されたのちに独立。

*発酵マイスターの資格も持ち、発酵食品や旬の野菜を使ったお料理が得意。