お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


7月26日(日)口笛の世界大会が初のオンライン開催!「GWC 2020」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

新型コロナウイルスの影響で、スポーツや音楽など様々な大会が中止や延期になっていますが、この4月に川崎で開催予定だった口笛の世界大会「WWC2020」も中止になりました。

そこで日米の若手口笛奏者6人が中心となってオンラインでの世界大会Global Whistling Championship(GWC2020)が開催されることになりました。

どんな大会なのか、番組に何度もゲスト出演いただいている口笛奏者の柴田晶子さんにお話を伺いました。

▲柴田晶子さん(オフィシャルホームページより)

柴田晶子さん
実はこの大会は画期的!性別分けや成人・ジュニアなどの部門分けもなく、課題曲もありません。1分以上4分以内の演奏動画(音の編集禁止)をYouTubeにアップするだけ。
しかも参加費は10ドルと今までの大会の10分の1ほど!ハードルがかなり低いので沢山の参加があると思います。

口笛の世界大会で2度優勝され、昨年アメリカで行われた「マスターズ口笛音楽コンクール」でも総合優勝の柴田さん。
Q、世界で3度も頂点に立った柴田さんが出場すれば間違いなく優勝では?

柴田晶子さん
私はステージで吹く、本番一発勝負の方が合っているんですよね。大会の審査員をしていると、よく「今は緊張して実力の全てを発揮できていないけど、この人きっと家ではすごく上手なんだろうな」という人がいます。
そういう人は演奏を緻密に動画に収めて勝負できるオンライン大会が向いていると思いますよ。


なるほど!旅費の問題だったり、人前での演奏に躊躇して大会に出たことのなかった世界各地の知られざる口笛達人が、この大会にはワラワラ出てくるかもしれません。
そして練習して、とにかく1曲を1回だけ上手く吹ければ戦えるということで・・・

私も挑戦したいと思います!柴田さんのお力をお借りして。
動画のエントリーはもう始まっていて、締め切りはアメリカ時間の8月6日です。
口笛がお好きな方、一緒に頑張りましょう!