お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

今の漫画に影響を与えた「劇画」とは?

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、今日は、「劇画」というジャンルについてのお話でした。

今日7月24日は「劇画の日」と言われています。
誰がいつ制定したのかは不明ですが、1964年の7月24日に伝説的な漫画雑誌「ガロ」が創刊されたことに由来します。

さて1960年代に一世を風靡した「劇画」とはなんでしょう。
21世紀の現在では、あまり使われなくなった言葉ですが、わかりやすい特徴としては従来の漫画と比べ、大胆な構図、映画的な手法を使った作品となります。具体的には、第3者の視点、いわゆる俯瞰の構図、太い輪郭の線、緻密な背景を描いたものとなります。…同じ漫画でも新聞の4コマ漫画と違うことは私にもわかります。
ストーリーも複雑になり、勧善懲悪という単純明快なものにとどまらず、善と悪が入り乱れ、あるいは悪そのものが主役というピカレスク的な要素も含まれていたそうです。現実味のあるストーリーを写実的に描いた最大の目的は、子供ではなく大人を対象の読者にすることと考えられています。

「劇画」という言葉を考え出し初めて使ったのは、1950年代には一般的であった「貸本漫画」で活躍していた辰巳ヨシヒロさんと言われています。
「劇画」パッと聞くと、なんだかカッコイイ言葉でもありますよね。だからこそブームになったんでしょうね。

代表的な劇画を紹介しますと……
テレビドラマにもなった『子連れ狼』現在も連載が続く『ゴルゴ13』忍びの世界の厳しい掟を描いた『カムイ伝』などなど
オールドファンにとっては懐かしい作品でしょうか。濃いキャラクターの人たちが多そうですね。

あまり耳にすることがなくなった「劇画」というジャンル。実は廃れてしまったわけではありません。むしろ、緻密な描写、映画的構図という手法は、あって当たり前の表現方法になっているそうです。

手塚治虫さんが作り上げたストーリー漫画の手法や文法が、他のすべての漫画家に影響を与えたように、劇画というスタイルも以降の作品すべてに影響を与えたわけですね。先人たちの努力や発明を基に、そのジャンル自体が進化していくというのは重要ですよね。特にエンタテインメントの世界では大事かもしれません。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。