お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ダムカードにダムカレー、ダムにまつわるあれこれ。

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、「ダム」についてのお話でした。

7月21日からの10日間は国土交通省が定める「森と湖に親しむ旬間」
「旬」という言葉には、上旬、下旬などでも使われるように「10日間」という意味もあります。1987年に定められたこちらは・・・
「国民が森林や湖に親しんで、心と体をリフレッシュしながら森林やダム等の重要性について理解を深める」
たしかに「森や湖」について考えることは少ないかもしれません。

山が多い日本、水資源も豊富だというイメージもありますよね。
実際に、降水量は世界的に多いほうなのですが、国土が狭く、その70%が山とされるため、河川そのものが短く、降った雨はすぐに海に流れてしまうそうです。…たしかにヨーロッパには何カ国にもまたがって流れる大きく広い川がありますよね。私もセーヌ川か懐かしいです。

そんな日本で安定して水資源を利用するために重要なのはダムなんだそうです。数え方の違いもありますが、日本では法律上、堤防の高さが15m以上あるものをダムとし、全国で3千以上もあるそうです。

毎年、この10日間は、夏休みということもあって、各地の森林や湖、そしてダムで様々なイベントが行われますがどうやら今年は中止や延期が多い模様。また「ダムの見学」や「ダムカード」の配布も中止しているところが多いようです。残念ですが、仕方がありません。

「ダムカード」とは、表は「ダムの名称と写真」裏には「ダムの所在地、型式、貯水量などの情報」が記載されたトレーディングカードです。そもそもマニアの方々の「訪れた記念にカードが欲しい」との要望に応え、2007年の「森と湖に親しむ旬間」から配布が始められ、国土交通省が管理する全国の100箇所以上のダムで手に入れることができるそうです。

〝コレクターごころ〟をくすぐったということなんでしょうか。現在では、169のダムで配布。デザイン違いも含め、公式カードは600種類もあるそうです。ポイントは、「もらうのは無料」。ただし「もらうためには現地を訪れる必要がある」というのも大きいのかもしれません。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。