お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「意外と自分の個性は出せません」様々な分野の翻訳家の愚痴!

ACTION

TBSラジオで放送中の「ACTION」。月曜パーソナリティは、宮藤官九郎さん。

7月13日(月)のGUEST ACTIONは、様々なジャンルの方の愚痴を聞く「宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど」。今日のゲストは翻訳家の皆さん。タケシさん(歴8年・書籍翻訳)、ミノリさん(歴6年・映像字幕)、ハリーさん(歴6年・産業翻訳)をお招きして宮藤官九郎さんが愚痴をお伺いしました。

ハリー:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、クリエイティブ性が求められる仕事ではなく、機械的に一単語ずつ打ち込む仕事なんです。

宮藤:たしかに産業分野の説明書などには個性は入れられないですね。「ロボット駆動ユニット自体が上昇または下降することができる」という文にハリーさんの個性は入れられないですよね。


ハリー:法律に関する文章もあるので、そうなるといくつも解釈が入ってきちゃうとマズいので、やっていること自体が機械的になってしまいますね。そうなると自分の考えとか発想は入れられないですね。

宮藤:ハリーさんが訳したと分かるサインもないですからね。

ハリー:発明者の技術を忠実に伝えることが仕事なんですよね。

宮藤:「なんか、ロボット駆動ユニットが、なんか、上昇または下降することができる」というのはどうですか?(笑)「”なんか”って入ってるからハリーさんの訳だな」って。怒られますね(笑)

幸坂:映像翻訳ではどうですか?

ミノリ:実は私たちも個性を出さないようにしています。一番の理想は画面に溶け込むような字幕で、鑑賞している人が「字幕を読んでいることを忘れていた」と思うぐらい映像に没入できるかどうかなんです。字で映像を邪魔せず、違和感のない翻訳をすることが大切です。

宮藤:たしかに、集中して映画を見れているときって字幕を読んでいると思ってないですね。


ミノリ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、映像翻訳は文字数という制限があります。

宮藤:これって誰が決めてる制限なんですか?

ミノリ:昔からあるみたいです。私はそう教わってきました。1秒間に読み取れる日本語が4文字ぐらいとして、1~6秒の間に1個の字幕を付けます。で、横が最大14文字、ネット配信だと16文字ですね。それで縦は2行。

宮藤:なるほど。では1回の字幕で出る文字の最大が大体30文字ぐらいですね。

ミノリ:でもあんまり長くなっちゃうと読みにくくなっちゃうので、読みやすさを考えながら、どこからどこまでの英語に対してどれだけの文字を日本語で訳すかというのを自分で決めてますね。

宮藤:タランティーノが俳優で出てるときとか、クリス・タッカーとかめちゃくちゃ早く喋る俳優いるじゃないですか。それはどうしてるんですか?

ミノリ:結局1回で訳せる量は決まっているので、かなり情報は端折って訳してますね。そうしないと画面が文字で埋まっちゃうので。必要な言葉を選んで画面に載せています。


タケシ:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、「俺」か「僕」かを選ぶだけでも大変です。

宮藤:それは分かりますね。自分でエッセイを書いているときも、「ここは”僕”にしておこう」とか、男を出したいときは「俺」を使いますもんね。それを翻訳でやるのは大変ですよね。人の言葉だから。

タケシ:それを決めるって全体のニュアンスを決めることなので、かなりの責任なんですよね。

宮藤:字幕もそうですか?

ミノリ:そうですね。男性なら「俺」「僕」、あとたまに吹き替えと字幕が同時進行のことがあって、私が字幕を作り、先に吹き替えの人が仕事上がってて、データをもらうと、私が「僕」と付けていたものが「俺」になっていることもあって。同じ人物が。そうなると統一する必要がありますね。で、吹き替えが「俺」で来たので字幕を「俺」に直し、「僕」のニュアンスで付けていた字幕も「俺」に合わせて直したりもしますね。

宮藤:最近は「He」とか「She」とか使わないらしいですね。

タケシ:「He」は「男」、「She」は「女」という色がついてしまうので、「They」を使う流れはありますね。僕が担当したビジネス書では、「HeやSheを使わずTheyで統一します」と注釈で書かれていて、作品全体を「They」で通していたものもあって、それを日本語に訳すときにどうするかはありましたね。

宮藤:でも「They」って漠然としてますよね。「Theyってそもそも誰なんだ?」っていう。

タケシ:僕はその本では「彼ら」という言葉を使わないような工夫はしましたね。

幸坂:映像でもジェンダー表現は難しくなってきていますか?

ミノリ:そうですね。女性の語尾で「するわ」「するのよ」とかは今までは当たり前のように使われていましたが、最近は割と外してます。意識を持って、機械的に付けないようにしてますね。典型的な像に当てはめないような言葉を探しています。

引き続き、翻訳家さんたちの愚痴を伺いました。GUEST ACTION全編はradikoのタイムフリーで。

7月13日(月)のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200713162755

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)