お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「次に叩く一回でその壁は破れるかもしれない」

高見沢俊彦のロックばん

ロックばんではお馴染みのオープニング・コーナー「鋼の美学・名言」。

山本特殊鋼株式会社さんで働く皆さんが、

日々の生活で心に響いた「名言」を毎週紹介させて頂いております。

 

今回紹介させて頂くのは、元プロテニスのトッププレイヤーで、

現在はタレント活動やスポーツ解説者など幅広く活躍するアノ方の名言から。

 

次に叩く一回でその壁は破れるかもしれない by:松岡修造」

 

この名言を送って頂いたY・Mさん曰く・・・

「18歳の時、進学のため佐賀から大阪に来る私に母が送ってくれた一言です。

『もうだめだ!』と思ってしまう時、大きな壁に当たった時にこの言葉を思い出します。

諦めずにチャレンジし、限界を超えた自分に出会えるよう、日々頑張っています。」とのこと。

 

Takamiyもこれには納得。

「うちのオフクロもよく言っていた…自分に厳しく、他人には優しく

俺はこれを取り違えて…

自分に甘く、他人に厳しく!になってしまい、叱られた思い出があるww

今の時代にぴったりの言葉をありがとうございます!」

 

Takamiyらしい、さすがのepisode!!

さすがです・・・

 

本編では、速弾きクエスチョンに加え、

Takamiy’s VoiceでもTakamiyがお得意の戦国モノで溢れましたね~。

もう誰にも止められない爆走talkは、

是非radikoタイムフリーでお楽しみください~!!

 

今週のベストショット!!

 

 

 

 

 

 

 

か、か、素敵~~

高見沢俊彦のロックばん・次回もお楽しみに~!!

(TBSラジオ・7/12放送分)