お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

松岡茉優「いよいよ映画『劇場』公開! 来週は久しぶりにおうちからスタジオに!」

松岡茉優 マチネのまえに

7月12日・日曜お昼12時から放送された『松岡茉優 マチネのまえに』、第15回放送。

『松岡茉優 マチネのまえに』7月12日(日)放送http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200712120000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

松岡:映画『劇場』がいよいよ公開となります。もともと4月17日公開予定だったんですけれども延期になり、そこから7月17日に変更になりまして。ようやく皆様に見てもらえます、ありがとうございます。今週17日の金曜日になりますね。全国の映画館で公開すると同時に、Amazonプライムビデオでも配信が決定しております。もしかしたら遠くに住んでらっしゃる方、海外に住んでいらっしゃる方が、山﨑賢人さんのファンとか、行定監督の作品が好きとか、そんな方が早く見てもらえるんじゃないかなと。

嬉しくありつつも、ただ、劇場で見てもらうからこその映画『劇場』の魅力が実はあるんですね、そういう仕掛けがあるんですよ。なので、もし近くに映画館があっても、今大手を振って「映画館で見てください!」とはなかなか難しい感じなんですけれども。でも、そんな仕掛けもありますので、もしよかったら映画館という可能性もちょっと検討してもらえたら嬉しいです。

※映画『劇場』の劇場情報はコチラ!

※Amazon Prime Videoの配信情報はコチラ!

映画「劇場」は又吉直樹さんが原作されておりまして。主演が山﨑賢人さん、そして共演に私・松岡茉優、あとはバンド「King Gnu」の井口理さん、そして寛一郎さん、私の親友の伊藤沙莉、あと「桐島、部活やめるってよ」からご縁が続いている浅香航大くん、などなど大変フレッシュなキャストが揃っております。そんなフレッシュなキャスト陣で夢を追いかける若者たちの物語、基本的には山﨑賢人くんが演じた「永田」と、私が演じた「沙希」の二人が夢に向かってもがき続けながらも男女2人でいることを選択し続けた二人の7年間の恋の記録です。

来週の「マチネのまえに」に初のゲスト!映画『劇場』の監督、行定勲さん!

松岡:来週の「松岡茉優 マチネのまえに」はラジオブースで収録します。なぜならば初めてゲストの方をお迎えできるからです!

映画「劇場」の監督、行定勲さんが「マチネのまえに」にやってきます!

やったー!!4月から番組が始まって4月、5月、6月と3ヶ月やってまいりましたけど、初めてのゲストですからね!なんだかドキドキワクワク、どんなラジオになるのかなぁと嬉しいですね。

【質問メール大募集!】
そこでリスナーのみなさんから質問を募集したいと思っております。映画「劇場」のことですとか、原作の「劇場」との違いとか、行定監督に何でも聞けますから。「どうして映画化しようと思ったのですか?」「このタイミングで恋愛映画を撮ろうと思ったきっかけは?」などディープな質問でもいいですし。もっというと「何で私にオファーしてくれたのか?」とか(笑)私が聞きづらいことを聞いてくださったり、とにかく何でも良いので行定監督に聞きたいことを募集します!まだ映画は公開前ですから想像しながら、あとは映画を観る前だからこその質問でも結構ですので、ぜひぜひ監督に聞きたいことをメールで送ってください!

ちょっと早めの募集になるんですけれども、「今週の14日・火曜日まで」にメールを頂きたく思います。
番組のメールアドレスmmmm@tbs.co.jp まで。

映画「劇場」が公開されたら、ぜひ映画の感想も送ってもらえたら、監督はいないけど私が出来る限りお引き受けいたしますので、もしよかったら公開されたらそちらの方もよろしくお願いいたします。

ハロプロ「ソロフェス!」副音声のお仕事

ラジオネーム「ふくふく」さん

先週、CSテレ朝チャンネルで放送された「ソロフェス!」観ました!ハロプロ・メンバー52人のソロパフォーマンスが濃すぎて、楽しすぎて5時間の放送が一瞬に感じました。すでに3周しておりますが、2周目は茉優ちゃんの副音声で堪能。一緒に見ている感覚で楽しませてもらいました。

こういう状況の中で、歌って踊って元気なメンバーの姿を見れたことに感謝しつつ、いつか生で観られる日を楽しみにこれからも頑張りたいと思います!

松岡:そうなんです、「Hello!Project presentsソロフェス!」、先週7月4日に放送されました。私はハロー!プロジェクトさんにまったく関係がないのですが、私がハロー!プロジェクトさんに所属しているアイドルの皆さんが大好きということで、副音声のお仕事をいただいたんですよ。52人の方が3分ほどのパフォーマンスをされて、その前後もVTRがあったりして5時間ですから、いくらファンでも3周はなかなか出来てる方は少ないと思うんですよ。しかもに2周目に私の副音声も聞いてくださって大変恐縮です、ありがとうございます。

もちろん私だけでもありませんよ、ハロー!プロジェクトの現在リーダーを務めております「譜久村聖さん」、モーニング娘。’20のリーダーでもありますが、二人でやらせていただきました。アーティストは「モーニング娘。」、あとは「アンジュルム」「BEYOOOOONDS」「Juice=Juice」「つばきファクトリー」ですね。それぞれ10人以上いるグループがほとんどですから52人にもなるんですよ。で、その子達がそれぞれ自分の選んだ曲、そして自分のパフォーマンスやステージ演出を披露するという番組があったんですよ。見て欲しかったなあ。

第2弾にも期待しちゃうんですけれども、私としてはもう公私混同だし、ここで話すまでもないというか。とにかく幸せでした!そして、みんなが元気でよかったです!!

休み休み、自分を甘やかしながら・・・

松岡:皆さんは、お仕事いかがですか。私はそんな仕事もしつつ、本業の方も頑張っております。まだ発表前なんですけれども、お芝居の方の撮影をしておりまして。なかなかね、体がついていかないよーって、みんなに愚痴ってるんですけど。自分のそのついていかなさが、自分の中で目の当たりにするたびに「みんなも大丈夫かな〜」って思うんですよね。私はロケにたくさん出向いて、仕事するのが主なので。この前、風が強い日に撮影してるだけでくたびれちゃったんですよね。

みなさんもお仕事大丈夫ですか?お疲れですよね。休み休み、自分を甘やかしながらどうか過ごされてくださいね。無理して大変なことになってしまっては辛いだけなので、どうかどうか休みながらやっていてください。

懐かしい思い出話:部活やクラブ

リスナーのみなさんとシェア中の「梅雨の思い出し作業」。これまで「学校給食」や「学校の催し」「地域のイベント」などをシェアしてきましたが、先週から「部活やクラブ」も新たに募集!シェアしていきましょう!

松岡:私は小学校は「演劇クラブ」、中学校は「演劇部」にいたんですけれども、いわゆる“幽霊部員”でした。高校は2ヶ月ちょっとだけ「軽音部」に入ったんですけれども。アニメの「けいおん」の影響です(笑)でも芸能科のある学校に転校しましたのでそれも2ヶ月だけでした。

私は部活というもので汗をかいた記憶がほぼほぼございませんので、もしよければ「熱く頑張ったよ!という部活」とか、あとは「部活、だらだらとぬるくやってましたよー」とか、それに「珍しい部活やクラブ」と幅広く募りましたら、たくさんのメールを頂きました、ありがとうございます!

<熱い部活!>栃木県・ラジオネーム「ふみか」さん

まゆちゃん、私の部活は世界一あつい部活だと思います!!私は中3で「吹奏楽部」に入っています。もともと吹奏楽部は3年の引退が10月だったんですけど、感染症の影響でなぜか7月いっぱいで引退になってしまったんです。3年になって部活のみんなと「絶対に金賞を取ろうね!」と約束したコンクールもなくなり、新入部員の1年生と一緒に練習できる日も本当に少なくなってしまいました。

でも顧問の先生が、3年生のためならと学校の体育館で何曲も披露していいよと言ってくださいました!そこで私たちは5曲披露することになりました。その中でも私は3年だけでやる曲「3月9日」(レミオロメン)がとっても楽しみなんです。

今まで一緒に活動してきたメンバーと部活引退の7月末まで全力投球します。そして、今回が最高の仲間たちとする最後の演奏だと思って精一杯頑張ろうと思います。吹奏楽部に入ってほんとよかったなあ。

松岡:熱い!熱いですね!!最後のコンクールがなくなってしまって部活引退ということで、そういう方はきっととても多いんでしょうね。体育の運動の方もそうですし、文化の方もそうですね。

「最高の仲間達と最後の演奏」、いやぁ〜もう何だか涙が出そうですよ!最後にみんなが何か達成したぞって思える記憶が残りそうで、本当に良かった。願わくば聴きに行きたいぐらいです。その演奏会が、最高で、絶頂で、幸せで、悔いのないものになることを私も祈っております。

<熱い部活!>兵庫県・ラジオネーム「ベースボールぷれいや〜」さん

僕の部活動の思い出は中学校の頃に所属していた「野球部」です。僕の野球部は周りの中学校と比べて人数が少なく、同級生も8人しかいませんでした。けれど、みんなで目標を立てて練習メニューを考えて野球したことは一生の思い出です。

そんな僕は中学校の社会科の教員を目指して、今勉強しています。子供たちが楽しんで学校生活を送るお手伝いができる教員を目指して頑張ります。たぶん松岡さんのラジオの時間帯にちょうど教員採用試験を受けていると思います。

松岡:教員採用試験は今日?え、今日〜?今日??今日だったらどうしよう!?今日だったらがんばれ!でも今日じゃなかったら(今日じゃなかった)って今度教えて。

そっかぁ、社会の先生ね。私、思い返すと大好きだった先生ってね、社会の先生ばかりなんですよ。歴史も好きだし地理も公民も好きだし。私、興味を持ったものが全部社会科だったんですよね。だから思い出に残ってる先生は社会の先生ばかり。

でね、こないだ東京都では選挙がありましたね。私は選挙はもちろん行くもんだと思っているんですけども、若者の選挙の投票率はどうやら低いみたいで。でもね、(なんで茉優ちゃん、そんなに政治にちゃんと目を向けてるの?)って大人の方から言われて(はて、なんでだろう?)って。父や母ももちろん選挙には行ってましたけどでも、だからといって政治とはね、みたいな親でもなかったですし。はてはてなんで私は政治に興味があるんだろうなって思ったら、やっぱり社会科の先生が教えてきてくれたからだと、こないだついつい思いましてね。今まで社会の先生達が選挙が近くなると(君達にはまだ選挙権がないけれども〜)という話を先生みんながしてくれてたんですよね。それがたぶん私に残ってるんだろうなって、だから目を向けるんだろうと思ったんですよ。

だから「ベースボールぷれいや〜」さん、なかなか若い世代の投票率が低いってことなので、ぜひぜひ私が大好きだった社会の先生みたいな先生になって下さい!日本の未来は明るいぞ!

<ぬる〜い部活>神奈川県・ラジオネーム「みなみ」さん

私は中高生の時に「科学部」でした。部員がやりたい実験を持ち寄ったり、学校の屋上で天体観測をしたり、山にムササビ観察に行ったりと、気になったことなら何でもという感じでした。中高一貫校だったので中学校1年生から高校2年生までみんなでゆるーく一緒に楽しく活動していました。

松岡:全然ぬるくないじゃなーい。私が言ったのはもうあれですよ、テニス部なのにボールが無かった部活みたいなレベルでしたよ(笑)全然ぬるくないわ。だって、山にムササビだよ!?私、虫がねえ・・・無理だから、もう山にムササビ観察に行くだけでも拍手!すごいわー。

さっき社会の話をしましたけど、社会はね大好きだったけど「理科」は苦手だったんですよ〜もぉ〜。一番好きだったのってあれよ、血液型の「A型」と「B型」の親から生まれるのは、その親御さんがさらに遡って、私から見たら祖父母ですね、の「A型」「B型」が「A型」になり〜、みたいなのがあるじゃないですか、あの組み合わせのやつ。あれだけね、大好きだった!超楽しくて、親戚中やりました、あのメモを作って。

<珍しい部活>東京都・ラジオネーム「タフゴング」さん

僕は高校生の時に「ワンダーフォーゲル部」という部活に入っていました。ワンダーフォーゲル部というのは山岳部のようなもので、平日は体力作りのためランニングや筋トレ、休日は山にハイキングに行ったりキャンプしたりする部活でした。

なかでも年に1回、20kgの重りを山用のバッグに詰めて、それをタスキ代わりに山の麓から山頂まで4区間に区切り駅伝をするという大会に参加するということが部活内の恒例行事でした。

すごくマイナーな大会だったので毎年出場する高校も少なかったのですが、この大会が近づくとみんな本気だったので部活時間以外にも必要のない教科書などをパンパンに詰めて通学中も鍛えておりました。

松岡:そんなことやってるとこあるんだー、スッゲェ〜なー!だって私、20kgの重りを持ったら、たぶん5歩も歩けないんじゃないかしら。

そういえば、私が人生で数少ない山登りをした時に、友達と雪山だったんですね、冬に行ったんです。1800メートルぐらいの山だったかな、もう登っただけでヘトヘト。丸1日かかって。朝5時とか6時から出発したのに着いたのが夕方4時でね。山頂の山小屋に泊まったんです。そしたら5、6人ぐらい山岳部の大学生の方が来てね、女の子もいたんですけど。「お疲れ様です!」って、たぶん山小屋に水を届けるアルバイト?ボランティア?をやってらっしゃって。で、水を置いてまた山を下りて行くんですが、もう4時ですよ。冬山だから暗いんです。「今から帰るんですか?」って聞いたら「出発したのもさっきなんです」とおっしゃるんですね、2往復目なんですって!だから午前中に1往復して休憩して午後にもう1回。だから私が朝5時から登って山頂に着いたのが夕方だから10時間ぐらいか、へいへい言いながら登った山にですよ、往復で2、3時間ってことですもんね。だから歩いてないんですって、フォッフォッフォッと山の登り方があるらしくてそれで登ってきたっておっしゃるんですよ。

(突然の家電音♪)・・・今のは私の家の家電でございます、うるさくてすいません。。。

話を続けますね。山登りの山岳部の方の印象が私はすごく強いんですよ。だからこのワンダーフォーゲル部にいる「タフゴング」さん、タフゴングって本当にタフゴングですね!!

あれなんですってね、運動部に若い時に所属した人と所属してなかった人で、生涯体力というのが違うそうですね、テレビで見たんだけども。だから最後まで元気に歩けるかのパーセンテージが違うんですって。で、私は一回も運動部に参加したことがないので、たぶんね危ないんですよ。だから鍛えていきたいと思っております

松岡さんが嬉しくなったリスナーさんからの報告メール

東京都・ラジオネーム「豆」さん

先日は就職活動で採用中止の連絡が来て落ち込んでいるメールを読んでいただきありがとうございました。あの時、茉優ちゃんの寄り添った優しい言葉がすごい励みになって頑張ろうと前向きになれました。あれから選考をいくつか受けていたのですが、無事に一社から内定を頂くことができました。

これからも「何事も可能性はゼロじゃない」という茉優ちゃんの言葉を胸に、自分のやりたいことをとことん追求していきたいと思います。こうして嬉しい報告ができて本当に良かったです。

松岡:良かった!一番行きたかった会社から採用中止の連絡が来て落ち込んでいますというメールを6月ですかね、いただきまして。私が、自分が言ったことを励みにってもらうと自分で読むのが恥ずかしいんですけど。そうなんですよ、「なかなかゼロの方が少ないですよ」という話をしたんです。「豆」さんがやりたいことがまた見つからない可能性の方が少ないって言ったんですよね。それが響いたみたいで良かった〜。「豆」さん、良かったね、やったー!嬉しいなぁ。本当におめでとう。

私、これ読んでて思ったんですけど。「豆」さんがね、(やりたいことをとことん追求していきたいと思います)って言ってくれてて。私もこの芸能界にいて、出演者以外にも知り合いができてですね。スタッフさんの話とか聞いてても、もちろん周りの同業者の友達もそうだけど、本当にやりたいことできていて毎日最高に楽しいですという人、私、ほとんど見たことないかも、無いな。それこそ若い時にやりたい役が来て嬉しかったとか。私自身そうです、「おはスタ」という番組の“おはガール”に子供の時からなりたくて。受かったのも子供ですけどね、13歳の時に合格の通知が来た時がもしかしたら一番嬉しかったかも。そのあと、たくさんの嬉しい経験をさせてもらったけど。本当に数えきれないぐらい、感謝でいっぱい、本当に嬉しいこといっぱい。だけど、あんなに手放しに「マジで嬉しい!!」となったのはあの時ぐらいだったのかも、と思うんですよね。

それだし、周りも悩んでいます。このコロナがあってね、本当にこの仕事を続けようかって、他にできることがあるんじゃないかって。スタッフさんとか話を聞きます。キラキラしているように見えるかもしれないけど、普通に仕事してます。普通じゃないのかな、私。そっか、アルバイトもしたことない私が普通っておかしいか。普通ってなんだよって感じですけど。でも何が言いたいかって、その・・・なんか芸能界キラキラキラでもないなーと思うんですよ。そうでもないんです、みんなそれぞれ悩んで葛藤して、本当にこの仕事でって思いながらやってるんだと思うんですね。

だから「豆」さんが前向きな気持ちで自分のやりたいことをとことん追求していきたいというメールをくれたのが、すごい嬉しい!みんなにそんな風になってほしいな。私を含めね、やりたいことを追求していく気持ち、追求したいと思える気持ち、失いたくないな。「豆」さん、ありがとう、私も学ばせてもらいました。

内定の一社に行くかどうか、またこれからも受けるのかもしれないから分からないけど、確実に「豆」さんの自信になりましたよね。そして「豆」さんの自信を、私は深く強く応援してるし、これを聞いてるリスナーのみんなが「豆」さんの応援していると思ってください!ほんとうに嬉しい、ありがとうございます。

東京都・ラジオネーム「一番星しまじろう」さん

以前、習い事というテーマの時に「短距離走フォーム改善〜子供も大人も自己ベスト〜」という教室に行ってきます、というメールを読んでいただいた者です。

行ってきましたよー、47歳にして開眼!「足は後ろに蹴るんじゃなくて前でさばく!」とか、それはそれは目からウロコの1時間時半でした。息子共々そこそこかっこいいフォームになりました、やったー!

松岡:現役でアメフトをやられている方でしたね。この名前がいいですよね、「短距離走フォーム改善〜子供も大人も自己ベスト」という教室(笑)

よかったー、行ってこられて。しかも「感想メールくださいね」なんて言ったけど本当にくれるとは思わなかった、めっちゃ嬉しい!ありがとうございます。

なんだって、「足は後ろに蹴るんじゃなくて前でさばく」!?何を言ってるかわかりませんね、やってみないとね。きっと、生で教えてもらったら目からウロコの情報がたくさんあったんですね。へぇ、今度走ってみましょうね。天気が良くなったらね。

松岡茉優流〜おうち収録スタイル〜

松岡:来週は・・・初回の放送以来のスタジオ収録!初回の放送以来ですよ。

最初の頃は、私、家で一人で喋ってるのが恥ずかしくてボソボソ喋ってましたけど。今やですね、スタンドを買ってマイク代わりにこれを立てて、ボイスメモで録っているんです。しかも「iPad」を台本代わりに立ててしまいました!最初はね、両手が塞がってやってたんですよ、紙を持って、ボイスメモのケータイを持って。でも今は、ボイスメモもこれに置き、さらに台本も机に立てかけておりまして。もう手放しで、だから身振り手振りもね、家の中でやっておりますよ。お恥ずかしい!

来週19日の放送は、番組初のゲスト、松岡さんも出演の映画「劇場」の監督「行定勲さん」をお迎えします!行定監督への質問、「劇場」について、キャストについて、監督業についてなどなど、質問メールを大募集します!時間の都合で「7月14日(火曜)まで」に送ってください!よろしくお願いします。

引き続き、「学校や地域の催し」からさらに「熱い・寒い・ぬるい部活の話、珍しいクラブの話」もシェアしていきましょう。また「リフレッシュ法」「一緒に作ってみようシリーズ・第4弾のお題」、「リクエスト曲」「質問」「その他」募集中です! すべてのあて先は番組のメールアドレス mmmm@tbs.co.jp まで。『松岡茉優 マチネのまえに』から「m」を4つです!

番組Twitterも稼働中。ハッシュタグも #mmmm です! 余力のある方は #松岡茉優 も付けてくださるとありがたいです! 毎週日曜日お昼12時から、ぜひ一緒に「マチネのまえ」の時間を過ごしましょう。

(TBSラジオ『松岡茉優 マチネのまえに』2020年7月12日(日)放送より)