お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

7月12日(日)のゲストは、テントウムシ研究家・阪本優介さん▼メッセージテーマは「ちょっとした特技」

安住紳一郎の日曜天国

キービジュアル 2017年10月~

毎週日曜 朝10時から生放送でお送りしているTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」。7月12日(日)の放送は…

▼ゲストに、テントウムシ研究家・阪本優介さんをお迎えします。

▼メッセージテーマは、「ちょっとした特技」です。

ちなみに、にち10スタッフの「ちょっとした特技」は…、

「手を使わないで、耳をピクピク動かすことができます。全く何の役にも立たない特技ですが、唯一、4歳の姪っ子には認められていて、この一点において彼女の中で私は超能力者ということになっています。悪い気はしません」(30代♂・構成作家)

「油屋に勤めていたことがあるので、お店に置いてある一斗缶を見れば、調理人のこだわり具合がわかります。あと、厨房の床が濡れていないお店は、調理人のポリシーがあるいいお店なので覚えておくとハズレがありませんよ」(40代♂・プロデューサー)

「大学生の頃、500度に熱せられた電気炉からプレパラートをピンセットで取り出すのが異常に早くて、教授に褒められたことがあります。今、全く役に立っていないです」(20代♀アシスタントディレクター)

「一度も歯医者に行ったことがないほど歯が丈夫なので、せんべいやスナック菓子をいい音を鳴らして食べることができます。昔は祖母が褒めてくれましたが、今は誰も褒めてくれません。もし、私が若い女性だったら、ASMR動画で人気者になる自信があります」(30代♂・ディレクター)

「自分で言うのもなんですが、そこそこ字が綺麗です。たまに“そんな綺麗な字を書く人だとが思わなかった”と驚かれます。雑な人間だと思われているようです…」(40代♂・構成作家)

「警視庁の交通ブース内にある鉛筆削り機は、普通に鉛筆を差し込むだけでは尖りません。ちょっとした手首の返し、角度を調整するとめちゃくちゃ尖ります。今それを出来るのは私だけのようで、私が削った鉛筆は次に使う人に喜ばれています」(30代♀・おでかけリポーター)

メッセージを紹介した全ての方に、NEWオリジナルポストカード「MASKで放送中」をお送りしています!Let’sハッスル!