お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「生島ヒロシのおいしい時間~ハナマルキの味噌を使った簡単レシピ~」2020年7月8日放送分

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週水曜日の6時10分ごろからは「生島ヒロシのおいしい時間」

このコーナーでは、毎週「食」を健康的に、美味しく楽しむ「コツ」を紹介します。

今回は料理研究家の藤野真紀子さんハナマルキの味噌を使った簡単レシピと題してお話を伺いました

詳しくは、ラジコでお楽しみください!

生島ヒロシのおいしい時間http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200708061305

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

【無添加 田舎みそでナスのニンニク味噌炒め】


☆材料(4人分)
ナス 4~5本
無添加田舎みそ 50g (1/4カップぐらい)
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
ニンニク 1/2かけ〜1かけ
植物油 50cc

☆作り方
①ナスは、乱切りにし、軽く塩を振り、15分ほど置きアク抜き。

②アク抜きしている間に「味噌ダレ」を作る。田舎みそに、酒、みりん、砂糖、オイスターソースを混ぜる。

③アク抜きしたナスを、軽く絞るように水気をとる。

④鍋に油を入れ、ニンニクのみじん切りを加え、軽いきつね色になったら、ニンニクを濾し取り、「味噌ダレ」に加える。

⑤ニンニクを取り除いた油を鍋に戻し、ナスを色好く炒める。

⑥油が多いなら、油を除き、味噌ダレを加え混ぜる。
※味噌ダレの量は、好みで調整する。

☆ポイント
●ナスの皮の紫の部分に含まれる「アントシアニン」。
網膜機能、肝臓機能を向上させる働きがあるといわれています。
●「クロロゲン酸」という強い抗酸化成分も含んでいてアンチエイジング効果も期待!
●ナスはいくら食べても栄養に偏りがなく、肥満予防にも!

【液体塩こうじで人参のドレッシング】

もうひとつ、番組内でご紹介した「液体塩こうじ」を使った「人参のドレッシング」。
ひと手間で驚くおいしさ!!是非、お試しください!!

☆材料(2人分)
人参 1/3本(約50g)
玉ねぎ 1/8個(約20g)
液体塩こうじ 大さじ2
サラダ油 大さじ2
酢 大さじ2
胡椒 適量

☆作り方
①ハナマルキ「液体塩こうじ」を使用します。

②人参と玉ねぎはすり下ろす。

③ボウルにすべての材料を入れ、あわだて器でよく混ぜ合わせる。
(ブレンダーで作る場合は、野菜を1㎝角に切り、全ての材料をブレンダーにかける)

☆ポイント
●全ての材料をブレンダーで混ぜ合わせると滑らかに仕上がります♪
●グリーンサラダにたっぷりかけて召し上がってください♪

「液体塩こうじ 500ml」