お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


7月5日(日)「お化けと密にならないドライブインお化け屋敷」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガが大好き!
放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲ドライブインお化け屋敷

7月5日(日)の放送では、車に乗ってお化け屋敷を体験するドライブインお化け屋敷をご紹介しました。詳しい場所は参加者にだけ伝えられるので、秘密です……。(都内某所のガレージにて)

▲ガレージの中に車がポツン。

ガレージの中に軽自動車が停めてあります。車1台がやっと入る広さです。詳しいことを「株式会社 怖がらせ隊」のお化け屋敷プロデューサー岩名謙太さんに聞こうとしたら……とにかく乗ってみてくださいと。いわくつきのガレージに停められた車に乗り込みました。

▲乗ったらババーーン!!

目を開けているのに何にも見せません!想像以上のに包まれます。あたふたしている間に大音量で「カラカラカラ」とバットのようなものを引きずる音や悲鳴が聴こえてきます。ぼんやりと周りが見えたと思ったらばばーーん!!突然のお化け襲来に心臓が……。電気が消えたりついたり、フロントガラスの向こうでは誰かがヤラレているし、車は叩かれるし揺れるし。とにかく恐い。

▲いや、恐いから。

どうしてこのようなことを考えたのかというと、コロナウィルス対策です。お化け屋敷ってそもそも距離が近いんです。お化けは触ってはこないけど近くまで来る、お客さんは恐怖で叫ぶ、まさに3密。実際に今年はお化け屋敷の仕事が続々キャンセルになっていて、このままではお化け屋敷業界がダメになってしまう、、、と思っていたところ、ドライブインシアターなどを見て「ドライブインお化け屋敷いけるかも!やってみよう!」と始めたそうです。確かにお化けとの密は避けられます。

▲車内にはスピーカーが。ここから爆音が。

やってみたら世界初だったそうで、海外からも注目されています。車の中にはスピーカーがあってここから流れる爆音がまた恐い。今回は用意された車で体験しましたが、自家用車での参加も可能です。

▲岩名さんと。

ただ自家用車で参加する場合、車の大きさに気をつけてください。ワゴン車など大型のものはガレージの大きさ的に入らない、そしてなにより大きい車だと怖さが半減してしまうかも。私が体験した軽自動車は、フロントガラスも近いので最恐です。車の中で逃げられないという恐怖もあるので、とにかく恐い。私、恐いもの好きな方なのですが、それでも恐かった。。。

▲ちゃんと消毒もしますよ。

ドライブインお化け屋敷をプロデュースした岩名さんは、3歳から恐いものが大好き!中学生の頃に夏休みの自由研究で自宅をお化け屋敷にして両親に叱られながらも「人はなぜ恐怖を感じるのか」という研究をしたほどなんです。そりゃ、恐いもの作りますよ。普段は岩名さんもお化け役として驚かしています。およそ15分ほどの体験が終わると、1回1回、車の消毒、お化けも手の消毒をしています。

▲終わったら貰えます。

オプションで、車を血まみれにしたり、記念撮影も出来ます。自家用車で行った場合は、帰り道に疑われない程度に血まみれを洗い落としてくれるのでご安心ください。ドライブインお化け屋敷は予約がいっぱいですが、8月にも開催が決まっています。開催日と場所はまだ決まっていないので、申し込みなどは株式会社 怖がらせ隊のHPやTwitterをご確認ください。将来的にはドライブインシアターとのコラボもあるかも?!それ、絶対面白い!!ワクワク。その前にこの夏、ドライブインお化け屋敷、もう一度行きたい・・・