お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「めちゃくちゃ甘酸っぱい最新韓国インディーポップ特集〜女性シンガーソングライター編」(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム(2020/06/26)

「めちゃくちゃ甘酸っぱい最新韓国インディーポップ特集〜女性シンガーソングライター編」

高橋:本日はこんなテーマでお送りいたします! 「めちゃくちゃ甘酸っぱい最新韓国インディーポップ特集〜女性シンガーソングライター編」。

韓国インディーポップのおすすめ新譜を紹介するシリーズ、今年3月13日以来、3ヶ月ぶりにお届けいたします。今日は計4曲、すべて女性シンガーソングライターの作品で統一してみました。ここのところ社会情勢を反映したシリアスな内容のものが多かった反動もあって全曲ぶりぶりにかわいい曲を厳選したので好事家の皆さんはご期待ください。

一曲目はBOL4の「Hug」。5月25日にリリースしたEP『Puberty Book II Pum』の収録曲になります(日本盤はキングレコードより『思春期集 II 花を見た蝶』のタイトルでリリース)。BOL4は2016年にデビュー。もともと「Bolbbalgan4」(ボルパルガンサチュンギ)の名前で女性デュオとして活動していたのですが、今年4月に片割れのウ・ジユンが脱退。現在はアン・ジヨンのソロプロジェクトとなっています。

スー:まあ。紫色の髪の毛のかわいい女の子。

高橋:このBOL4、ちょうど一年ぐらい前に「赤頬思春期」の名前で日本デビューを果たして日本語の曲もつくっているんですよ。日本の公式ツイッターもすでに1万4000人を超えるフォロワーがいるので人気アーティストといっていいでしょうね。「赤頬思春期」の名前に偽りなしのキュートな曲です。

M1 Hug / BOL4

スー:フゥーッ! 曲を聴きながらおじさんとおばさんがいろいろ昔のことを思い出しちゃってもう大変!

堀井:チョコクランチを食べながらね(笑)。

高橋:堀井さん、かわいこぶっちゃって(笑)。

スー:四捨五入で50歳です(笑)。

高橋:二曲目はCheezeの「Today’s Mode」。5月18日にリリースされたEP『I Can’t Tell You Everything』の収録曲です。Cheezeは2011年のデビュー。もともとは4人組バンドでしたが、次々とメンバーが抜けていって現在はダルチョンのソロプロジェクトになっています。これはグルーヴィーなシティポップという感じでしょうかね。

スー:かわいい?

高橋:かわいいよー!

スー:かわいいかー。よし、がんばるぞ!

高橋:がんばるぞ? なんで?(笑)

スー:いきなりかわいいのが来たらぶっ倒れちゃうからね。

M2 Today’s Mood / Cheeze

高橋:めちゃくちゃかわいいでしょ?

スー:やっぱり韓国語でメロディーに言葉を乗せていったときに英語とはまた違うポップさが生まれるんだよね。そういう韓国語ならではの魅力がすごく効いている気はします。

高橋:確かに、同じシンガーでも英語詞の曲ではこのかわいさには届いていなかったりするんですよ。

スー:なるほどね。

高橋:三曲目はStella Jangの「Recipe」。こちらは3月1日リリースのシングル、4月7日には初のフルアルバム『Stella I』も出ていますが今日はあえてこちらを紹介したいと思います。このStella Jangは去年4月の韓国インディー特集でも取り上げました。韓国生まれフランス育ちのシンガーソングライターで2013年にデビュー。先ほど紹介したCheezeと「CSVC」なるプロジェクトを組んでいたりもします。これは王道シティポップですね。

M3 Recipe / Stella Jang

スー:ちょうど曲のかわいいところまで引っ張ったね!

高橋:最後はyourbeagleの「Nice to Meet You」。5月10日にリリースされたEP『Spring Camp』の収録曲です。yourbeagleは2018年にデビューした現在21歳のキム・ミジョンによるソロプロジェクト。いままでの3人はギターポップ/シティポップ系でしたが、彼女はちょっとR&B寄りでラップも披露します。彼女は自分のYouTubeチャンネルに22万人フォロワーがいてメイクアップ動画をあげていたりするからきっとYouTuberでもあるのでしょう。そしてこのyourbeagleのミュージックビデオ、たぶん予算がないからだと思うんですけど基本的にすべてパソコンの前で座って歌っているだけの映像なんですよ。

スー:ああ、本当だ。ただパソコンの前で座って歌ってるだけ。これでオリジナルソングを歌っているんだ? へー!

高橋:これがまたなんてことない映像なんですけど、めちゃくちゃかわいいんですねよね。

M4 Nice to Meet You / yourbeagle

高橋:このyourbeagleも含め、今日紹介した曲はどれも基本的にミュージックビデオもかわいいものばかりなのでぜひ併せてチェックしてみてください!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

6月22日(月)

(11:08) One Way or the Other / The Fifth Avenue Band
(11:27) Love’ll Get You High / Jo Mama
(11:37) Bitter with the Sweet(喜びは悲しみの後に) / Carole King
(12:13) For Sentimental Reasons / Danny Kortchmar
(12:23) I Can See Where I’m Going / Lesley Duncan
(12:50) 今日はなんだか / SUGAR BABE

6月23日(火)

(11:08) 59th Street Bridge Song (Feelin’ Groovy) / Harpers Bizarre
(11:27) Happiness Is / The Association
(11:36) Only Me / The First Edition
(12:11) It Could Be We’re in Love / The Cryan’ Shames
(12:21) No Easy Way Down / The American Breed

6月24日(水)

(11:06) C’est La Vie / Robbie Nevil
(11:23) Monkey / George Michael
(11:36) If You Let Me Stay / Terence Trent D’Arby
(12:13) Missed Opportunity / Daryl Hall & John Oates
(12:50) 思い出に間にあいたくて / 松任谷由実

6月25日(木)

(11:10) Monkey Man / The Maytals
(11:37) Give Me Your Love / Alton Ellisl
(12:13) A Thing of the Past / Phyllis Dillon
(12:23) Dancing Mood / Delroy Wilson
(12:51) シニカル / 山口百恵

6月26日(金)

(11:04) Hit and Run / Loleatta Holloway
(11:29) My Love Is Free / Double Exposure
(11:38) Let No Man Put Asunder / First Choice
(12:13) Law and Order / Love Committee