お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

檀さんはサザンといえば「真夏の果実」

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今日は、サザンオールスターズの日だって知ってました?!

今から42年前、1978年の今日6月25日。
国民的バンドとして知られる「サザンオールスターズ」がレコードデビューをしました。このことを記念して、今日は「サザンの日」とも言われています。

みなさん御存知だと思いますが、改めて基礎の基礎からお話しますと・・・「サザンオールスターズ」は、当時、青山学院大学に在学中だった桑田佳祐さんの音楽サークルの活動から生まれたバンドです。1977年に音楽のコンテストで入賞したことをきっかけに入れ替わりの多かったメンバーやバンド名も決定。プロとしてのデビューが決まりました。

デビュー曲のタイトルは『勝手にシンドバット』その前の年に大ヒットした沢田研二さんの『勝手にしやがれ』とピンク・レディーの『渚のシンドバッド』を合わせた〝志村けんさんのネタから拝借した〟曲名だったと、のちに桑田さん本人が語っています。世に知られるようになったのは『ザ・ベストテン』がきっかけ。デビューから2ヶ月後の1978年8月31日の放送で、ランク外の注目曲を紹介する スポットライトのコーナーにライブハウスからの生中継で出演。大勢の観客に囲まれ盛り上がる状況、紅一点の原由子さんを除き、メンバーはいまで言うハーフパンツ、当時の「ジョギングパンツ」姿に上半身裸というスタイルがお茶の間に衝撃を与えたそうです。…桑田さんらしいというか、そりゃ見てる方は驚きますよね。
この放送をきっっかけに曲もヒットし「ベストテン」にもランクインするようになりましが、独特な歌詞と巻き舌の歌唱法もあってか、世間的には「コミックバンド」という認識でもあったそうです。

その評価を覆したのは、翌年1979年3月に発売した曲『いとしのエリー』でした。カラオケでも歌い継がれている珠玉のバラードです。
またしても世間を驚かせたからなのか「いい曲」と認知されるまでに時間を費やし、ヒットチャートの1位になるのは3ヶ月後のことでした。
以降は、活動休止期間もありましたが、国民的バンドとして40年以上に渡り日本の音楽シーンの中心にいる存在です。

私にとっての思い出の曲は『真夏の果実』です。
宝塚の下級生時代に何人かでカラオケに行き、同期の子が「真夏の果実」をファルセット(裏声を駆使して)歌ったことが強く印象に残っています!


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。