お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

愛知県民なら誰もが知っている「鬼まんじゅう」って何?

ジェーン・スー 生活は踊る

(6月22日放送)

巷に溢れるコンビニスイーツ、名店の高級スイーツもいいですが、いまこそ私たちが見直すべきなのが、実家で親や祖父母が作ってくれた思い出の味。“ご当地おやつ”ではないでしょうか。全国の“昔ながらのご当地おやつ”を作ってみる企画を実行中です!

今回は、ラジオネーム・うずらの卵さん、ラジオネーム・みるもさんなどが教えてくれた「鬼まんじゅう」。愛知県を中心に食べられている“おやつ”そうですが・・・

「鬼まんじゅう」って何?なぜ鬼?

どんな“ご当地おやつ”なのか。愛知県出身者の番組スタッフ・新家さんに聞いてみました。

Q.改めて鬼まんじゅうってどんな食べ物?

新家:簡単に言うと、細かく切ったさつまいもと小麦粉と砂糖を混ぜて蒸したお菓子です。うちでは、おばあちゃんがよく作ってくれました。愛知の和菓子屋さんには必ず置いてあると言っていいほどポピュラーなおまんじゅうでした。

Q.どんなときに食べるの?

新家:おやつとして食べることが多いです。保育園のおやつや小学校の給食で出ていました。

Q.なんで「鬼まんじゅう」っていうんですか?

新家:「サツマイモの角がごつごつと突き出して鬼の角のように見えるから」と聞いたことがありますが、諸説あるみたいです。

そんなよく作ってくれたというおばちゃんの「鬼まんじゅうレシピ」を入手!

【材料】
■さつまいも(中)1本
■砂糖 100グラム
■小麦粉 150グラム
■水 少し

【作りかた】
①さつまいもを8mm~1cmの正方形に切る
②水に5分位浸ける
③さつまいもの水を切って砂糖をまぶして15分位置く。
シロップみたいなカンジになるから、小麦粉を投入。
※振るったりしなくても大丈夫。ボールの底からかきまぜるといいよ
④いい感じに混ぜる(ここで硬かったら水を10cc〜30cc位入れてみる)
正方形(8cm角位)に切ったキッチンペーパーやクッキングシートに乗せる。
⑤蒸し器で15分〜20分蒸す


さつまいもに砂糖をまぶすと・・・

小麦粉と混ぜる


蒸し器で15〜20分

完成!

おうちで挑戦してきた小笠原アナは・・・
「妻にも息子にも好評!これからもおやつに作ってみたい!」

<↓知られざる「鬼まんじゅう」の秘密に迫る↓>

(オリジナルサイトではすぐに音声が聴けます)

番組では、今後もご当地スイーツ・ご当地おやつを作っていきたいと思います。「こんなご当地スイーツ作ってます」とか「こんなのあるよ」という情報をぜひメール(so@tbs.co.jp)でお寄せ下さい。レシピもお願いします!

初の番組本『生活が踊る歌 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』が発売中

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-