お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

手軽にアロマ

檀れい 今日の1ページ

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」。今朝は、アロマテラピーのお話です。

たとえば、元気が出ない朝、庭に出て緑の香りをかいだら、だんだん元気になってきた….。なんていうことが、皆さんもあると思います。そんな植物の香りが持つ力を、心と体のために使うのが、アロマテラピーです。アロマテラピーでは、植物から抽出したエッセンシャルオイルを使います。樹木や、花、果実などの香りがあり、オイルの香りを部屋に広げたいときは、芳香拡散器(=ディフューザー)を使います。

キャンドルや電気で、オイルをあたためるもの・・・、超音波の振動でミストを拡散するもの・・・、といったように色々なものがありますが、中には、パソコンに差し込んで使える「USBタイプ」のディフューザーや、オイルを染み込ませておける名刺入れもあります。

ほのかに香りが移った名刺を渡すことで、「明るい人」「優しい人」など相手に与える印象を変えたいときにも使えるそうです。また、手軽なものでは、素焼きの陶器などでできた「アロマストーン」もあります。エッセンシャルオイルをたらして、染み込ませるだけ。大きさも形もさまざまなものがあります。

そしてこれ、手作りもできちゃうんです!手に入りやすい材料としては、紙粘土があります。紙粘土なら、好きな形でたくさん作れますから玄関やクローゼットなど、置きたい場所に、気軽に置くことができます。

私、檀れいもアロマを利用しています。好きなのは、かんきつ系やフローラル系。ディフューザーは使わず、たまに、ハンカチに垂らしたりして、香りを楽しんでいます。また、直接肌につけられるアロマも売っているので、それを持ち歩いて、首が凝ったときや、台詞をたくさん覚えなくちゃならないとき、頭をすっきりさせたいときなどに使っています。

人間を含め動物は、嗅覚を使って、【敵か味方】かですとか【安全な食べ物か危険な食べ物か】を判断します。命と直結しているわけですから、香りをうまく利用すれば、心と体の健康にも良く作用するのでしょうね。ただ、オイルそれぞれに特徴があり、使い方を間違えると、逆に健康を害してしまうこともあるので、皆さんもぜひ、お店の方に相談しながら上手に使ってみてくださいね。


ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。