お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム

【若狭湾の日】北陸道の総鎮守、氣比神宮を参拝した後に立ち寄りたい、門前の日本茶カフェ

若狭湾の日

若狭路の玄関口にもなっている、敦賀駅。新幹線開業を2023年に控え、周辺はじわじわと盛り上がりを見せています。

敦賀駅近くで有名な場所といえば、北陸道の総鎮守「氣比(けひ)神宮」。駅から車で約5分、徒歩約15分とアクセスしやすく、若狭の旅で最初に訪れる人も多い人気のスポットです。
若狭湾の日

迎えてくれるのは、高さ約11mもの巨大な鳥居。この鳥居は、奈良県・春日大社の一ノ鳥居、広島県・厳島神社の大鳥居とともに、日本三大木造鳥居のひとつに数えられています。堂々と聳える朱塗りの鳥居は、敦賀のシンボル。境内は緑も美しく、ゆったりと歩けば、心が洗われます。

参拝の後、ほっと一息つけるのが、氣比神宮の門前にある「中道源蔵茶舗(なかみちげんぞうちゃほ)」。70年の歴史を持つ老舗の日本茶専門店が展開する、モダンな日本茶ショップ&カフェです。
若狭湾の日

店内に入ると、ふんわりと、日本茶のいい香り。木のカウンターやテーブルも温かみがあって、心が和みます。
若狭湾の日

メニューに並ぶのは、お茶に特化したスイーツの数々。どれにしようか迷ったら、まずは定番のラテ系を。「お濃茶ラテ 豆菓子付き(600円)」は、濃茶(最高級の抹茶を濃いめに入れたお茶)を贅沢に使ったラテ。上品な味はもちろんのこと、趣ある器が、気分を盛り上げてくれます。
若狭湾の日

「抹茶ババロアセット(680円)」は、抹茶の風味とふっくらと炊き上げた小豆のバランスが絶妙な一品。甘い香りと滑らかな舌触りに、旅の疲れも吹き飛びます。
若狭湾の日

7月から登場する夏季限定メニューが、毎年大人気の「抹茶かき氷(1000円)」。シャリシャリの氷と苦みのある抹茶の組み合わせがたまりません(この間、「抹茶ババロアセット」はしばらくお休みとなります)。
若狭湾の日

リピーターに愛されるのが、「お濃茶パフェ(850円)」。濃茶を練り込んだソフトクリームに、白玉や小豆、バナナ、お茶の寒天などを入れたスイーツは、見た目こそボリュームたっぷりですが、くどさがなく、気づけばあっという間に平らげてしまいます。トッピングの餅せんべいもインパクト大。
若狭湾の日

店内には、茶室を模した畳敷きのスペースもあり、こちらでいただくことも可能です。
若狭湾の日

こちらは調合スペース。いろいろな産地のお茶をブレンドしています。茶葉がなんともいい香り!
若狭湾の日

店内に並ぶ商品は、小さいサイズが充実。番茶やほうじ茶など、いろいろな種類を少しずつ買い揃えることもできます。
若狭湾の日

パッケージもシンプルながらモダンで、ギフトとしても喜ばれそう。軽くて持ち歩きやすいお茶は、旅のお土産にもぴったりです。
若狭湾の日

—-
中道源蔵茶舗
所在地 福井県敦賀市神楽町1-1-8
電話番号 0770-22-4507
—-

アンケートに答えて若狭の美味しいものをもらおう!
6月は「ステイホーム応援梅セット(香け橋・梅干し・梅酒)」を抽選で5名様にプレゼントします。
アンケートフォームはこちら