お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

今、読んで欲しい本を紹介!!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分~6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「うるおい生活講座」
今朝は・・・

今、読んで欲しい本を紹介!!

と題して、インターネット書評サイト「HONZ」の副代表で書評家の東えりかさんにお話を伺いました。

本日、東えりかさんにご紹介いただいた本は・・・・

今村 翔吾著「じんかん」

(講談社)
●戦国時代最大の極悪人といわれる松永久秀弾正。しかし近年の研究では、その実像は大きく違っていたことが明らかになってきた。
民を想い、民を信じ、正義を貫こうとした武将、久秀は果たして従来通りの極悪人なのか、、、
この世の不条理に抗う全ての人に捧ぐ、圧巻の歴史巨編!!

馳 星周著「少年と犬」

(文藝春秋)
●2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の
生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。
ある日和正は、コンビニで、ガリガリに痩せた野良犬を拾う。
多聞という名らしいその犬は賢く、和正はすぐに魅了された。
その直後、和正はさらにギャラのいい窃盗団の運転手役の仕事を依頼され、金のために引き受けることに。
そして多聞を同行させると仕事はうまくいき、多聞は和正の「守り神」になった。
だが、多聞はいつもなぜか南の方角に顔を向けていた。
多聞は何を求め、どこに行こうとしているのか、、、

犬を愛するすべての人に捧げる感涙作!

詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください!

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)