お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【放送後記 6月8日放送分】「医師」と「自転車競技選手」の二足のわらじ 武井裕さん▼オンライン授業を取材 その1 栄東中学・高等学校▼石井大裕×谷本魁渡×美空(TBSラジオ ・月曜21時~)

TOMAS presents High School a Go Go!!

TBSラジオ
TOMAS presents High School a Go Go!!』(毎週・月曜夜9時~9時30分)

「High School a Go Go!!」は、「学校」を取りまく
いろいろな話題にスポットを当てて、高校生の興味ある話題や悩み、
そして疑問などを直撃取材する「高校生活応援プログラム」です。
ハイスクール・ア・ゴー・ゴー、通称「ハイゴー」です。

▼メインパーソナリティ:TBSアナウンサー・石井大裕

石井大裕

▼2020年6月8日(月) 放送後記

スタジオは高校3年生の谷本魁渡(かいと)くんと、
高校1年生の美空(みく)さんとお送りしました。

 

<高校生の主張>

「新型コロナウイルス」の感染拡大を防止するため、高校はもちろん、

大学、中学校、小学校など、ほぼ全ての教育機関で休校状態が続きましたね。

緊急事態宣言は解除されましたが、生徒の皆さんは、今年、

今までとは違う「新学期」を過ごされていますね。

6月8日と15日は「特別編」として、

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、

休校中に「オンライン授業」を展開していた学校に

いろいろとお話を伺います

8日は、取材でもお世話になった埼玉県屈指の進学校

「栄東中学・高等学校」の竹本和生先生に伺いました。

 

石井大裕アナウンサー

「栄東」では、「オンライン授業」は、どのように行いましたか
竹本和生先生
「4月20日から始めました。ゴールデンウィークの前までは、体育などの授業は行っていなくて、国語や数学などの5教科の授業を実施していました。ゴールデンウィーク過ぎからは、体育や音楽まで含めた全てを時間割どおりに行いました。(先生方の準備はいかがでしたか?)いちばん大変だったのは『教材づくり』でしたね。どうしてもオンラインですと、様子がわからないものですから、教材は、なるべくわかるように時間をかけて作っておいて、それを事前に配信することから始めました。(こうした取り組みは、以前から行っていましたか?)オンライン授業自体は行ったことは無かったのですが、学校にパソコンとタブレットの機材を導入するという取り組みは前々から行っていました。ですので、その取り組みが無かったら今回のように4月20日からからオンラインを利用することは出来なかっただろうと振り返っております」

 

石井アナウンサー

スタジオの高校生サポーターも、それぞれの学校でオンラインでの授業がありました。生徒の皆さん達からの反応はいかがでしたか
竹本先生
「始めた時には、『何か面白いことが始まった』みたいな感じがありました。反応がけっこう良くて、授業中に何かを投げかけると、チャットで、わっと反応が返ってくる状況がかなりあります。(今後、学校として取り入れてゆく予定は?)今回、オンライン授業を取り入れてみて、いろいろと便利な部分があるのだということがわかってきました。例えば、黒板に書く時間を省略して生徒に配信するなどといったことが出来てしまうので、そういった便利な点を教室での授業に取り入れてゆくのが、今後のあり方なのかなと考えています。わらに、今まで教室で、一切、発言してこなかった生徒が、オンライン授業で発言し始めるということがかなりありました。生徒にそのことを聞いてみると、教室で手を挙げるのは恥ずかしいけれど、チャットならば発言できるとのことで、やっぱり良いところがあるんだなと感じました」

 

<なんでも課外授業>

「学校ではあまり教えてもらわないかもしれないこと」を

ゲストを招いて色々と教えてもらうコーナー。

8日と15日は、医師で自転車競技選手の、

武井裕(たけい・ゆう)さんをお招きしました。


 

武井裕さん。

1991年生まれ、神奈川県ご出身の現在29歳。学生時代はバレーボールに打ち込みました。山形大学医学部に進学し、多忙なカリキュラムの中、バレーボールでは「東北学連リーグ」の「1部リーグへの昇格」という結果を残すなど活躍。この時に、肩の故障をきっかけに自転車競技と出会います。現在は、整形外科医として病院勤務のかたわら、自転車チームに所属し、国内のレースに参戦。優勝など輝かしい成績を上げています。

石井大裕アナウンサー
「整形外科医」でいらっしゃいますね。普段は、どのような仕事をされていますか。そして、自転車競技では、どんな活動をなさっていますか
武井裕さん
怪我をされた方の足を診断して治療にあたったり、外来でお薬などの処方で良くなる方は様子を見たり、手術をしなければならない方には入院していただいて手術を行い、リハビリテーションなど理学療法士さんと共に、治療に当たっています。(自転車競技は)一般的に「ロードバイク」と言われる自転車に乗って、舗装されている道を走るロードレースがメインです。(何キロぐらい走るのですか?)短いものですと30キロから40キロで終わるものもありますが、今、自分が所属している「Jプロツアー」のカテゴリーのレースでは長いものは150キロとか180キロ走ります。(現在所属しているのは)全日本自転車競技連盟が主催しているロードレースの一番上のカテゴリーが「プロツアー」で、全国で20チームほどあるのですが、そのうちの一つで、九州で唯一のプロチームの「VC福岡」に所属しています
    

石井アナウンサー
お医者さんの仕事をしている中で「一番の出来事」「思い出に残っていること」を教えて下さい
武井裕さん
最近ですと、自分が救急外来で診た高校生が、自転車に乗っていた子でした。その子が最近、自転車競技を本格的に始めたと連絡を貰いました。自分が治療に当たった人が元気になって、また連絡をくれたりとか、それが、たたまたま自転車だったっというのもあるのですけれど、嬉しいすね

 

武井裕さんには、「二足のわらじ」で心がけていることや、
自転車競技の詳細なども伺いました。

詳しくは、下記のバナーをクリックして、
radikoのタイムフリーでお聴きください!

『HighSchool a GOGO!!を聴いてみる』http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200608210000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※番組では、取材に来てほしい高校、呼んでほしいゲスト、取り上げてほしいテーマ、
スタジオに遊びに来たい高校生などを募集しています。

▼番組では毎回、エンディングで、「奨学金」と題して、コンビニエンスストアやレストランなど、いろいろなお店で使用できる、なんと「1万円分」のクオカードが当る放課後クイズをお送りしています。radikoのタイムフリーで聴いて、ぜひぜひ、ご応募くださいね!

■すべての宛て先は
メールアドレス:higo@tbs.co.jp

 

久しぶりに、スタジオは通常の「3人態勢」に戻りました。
そして、石井大裕が35歳の誕生日を迎えました。

「ハイスクール・ア・ゴーゴー」は、
これからも高校生の皆さんを全力で応援してまいります。

ようやく新学期が始まった皆さん、健康に留意してくださいね。

===============================
TOMAS presents High School a Go Go!!」
TBSラジオで毎週・月曜夜9時から放送!
番組ではインスタグラムでも発信中
*また、ツイッターも発信中。#higo954
*ラジオはFM90.5/AM954
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================