お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2020年5月31日「ミラクル・サイクル・ライフ」<石井さん・疋田さんの愛車遍歴>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

自転車選びの参考になればと石井さん、疋田さんに「愛車遍歴」を語っていただきました。
まずは疋田さん。
自他ともに認めるマニアだけあり、これまでに乗ってきた台数は30以上にのぼるそうです。
その中で印象深いのは大学時代に買ったブリヂストンの「ユーラシア」。
前後に荷物をのせることができる、ランドナーと呼ばれる旅用の自転車です。
宮崎県にいた少年時代。自転車での日本一周が流行。
『日本一周』の幟をつけ、日南海岸を出発するお兄さんを見かけたこともあるそうで、「いつか自分もやってみたい」と夢見るようになったそうです。
ところが、大学進学で華やかな東京にやってくると生活が一変。
世はバブル。遊びたい。デートしたい。そんな衝動が生まれるとどうしても興味は車に…。
自転車愛に満ちた疋田さんでさえ、その数年間は自転車から遠ざかったと語ります。
しかし、「卒業旅行どこ行く?」という話題が出るころ、「夢を捨てていいのか。社会人になったらますます実現は厳しい」と自問自答。
海外旅行のために貯めたお金で買ったのが思い出のユーラシアだったそうです。
26日かけて宮崎県日南市まで自転車旅。晴れて少年時代の夢をかなえたのでした。

一方、石井さんの第一号は意外にもリカンベントなのだそうです。
仰向けに寝そべるタイプ。
「せっかくなら他の人があまり乗っていなくて移動が楽しくなる車種がいい」と目をつけ、ウキウキでショップを訪ねたのですが、たった5秒で試乗は終了。
理由は足が届かなかったから!
見かねた店員さんが「こっちはどうですか?」とすすめてくれたのがタルタルーガのセミリカンベントだったそうです。
そこから石井さんの楽しいサイクルライフがスタート。
しかし、立ち漕ぎができないため、上り坂がしんどいことが発覚。
もう1台、ふつうのタイプを買おうと思い、足が届かなかった苦い経験から「タイヤの小さい自転車がいいかも」とミニベロに着目。
ルイガノのジェダイが記念すべきミニベロの1号車なのだそうです。
詳しくは音声でお楽しみください。

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!