お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【竹ガム最終調査報告】元NHKアナウンサー山本浩さんが語る、1985年10月26日サッカー代表戦の裏側

赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび

平日午後1時から放送中のTBSラジオ「たまむすび」
5月25日(月)は、カンニング竹山さんと外山惠理アナウンサーでお送りしました!

『たまむすび』2020年5月25日(月)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200525130000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

オープニングでは竹山さんがこの外出自粛期間中にコツコツとやっていたとある事について。
LINE動画で見られるそうなので、ぜひチェックしてみてください!

さらにこの期間中に作った料理を毎日写真に撮っていた竹山さん。
そのズラーっと並ぶ写真を見て外山さん。

「私も昨日初めて料理しました!」

その料理とは…そうめんでした。
そうめんを茹でる時間を勘で測るらしい外山さん。

次回作に期待です。

今日のメッセージテーマは「一人でコツコツ」

リスナーの方がコツコツ作った布マスク!すごい!
他にもたくさんのメッセージ、ありがとうございました!

そして2時からはリスナーお助け調査企画「竹山、ガムテープ買ってきて!」
(竹山、パン買ってきて!ではございません)

今日は「1985年10月26日国立競技場でサッカー日本対韓国の試合を観戦した人の話を聞きたい!」の最終調査報告。

今回竹ガムにメールをくれた方で、実際観戦した人は「13人」。
当時6万2000人入った国立競技場。その中にたまむすび リスナーは13人もいたわけです。
熱い思いを送って頂きありがとうございました。

そして、その試合を実況していた元NHKアナウンサーの山本浩さんが電話で登場。
「東京・千駄ヶ谷の国立競技場の曇り空の向こうに、メキシコの青い空が近づいているような気がします」という名フレーズの裏話。
「この試合が日本サッカー界の1つ目の角だった」「当時サッカー実況をやりたいアナウンサーはあまりいなかった」などなど…興味深い話をたくさん伺いました。

こちら、ぜひタイムフリーでお聴きください!

明日の「たまむすび」も、外山惠理アナウンサーがピンチヒッター!
火曜パートナーは、南海キャンディーズの山里亮太さんです。
2時からは出演者のNG特集コーナー「リメンバー・ミー おばあちゃんのつぶやき」。
3時からは映画評論家・町山智浩さんによる『アメリカ流れ者』をお送りします。

それでは、明日もお昼1時に!