お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

お取り寄せで支援できるネット通販!【豊洲市場篇】

ジェーン・スー 生活は踊る

2020年5月19日(火)放送の「生活情報のコーナー」は、『お取り寄せで支援できるネット通販!豊洲市場篇!』

緊急事態宣言が先週、39の県で解除されましたが、依然、東京を含む一部地域で外出自粛の要請が続いています。また都道府県をまたぐ移動は原則行わないように呼びかけられていて「お客さんが来ないから商品の出荷が止まった」という声や「食品の賞味期限が近い」などで困っているお店が多く出てきています。
そんな中、困っているお店が結集してオンラインで商品を売るという取り組みが地域ごとに出てきていますのでご紹介します。

前回は、福島県内のお店が集まっているネット通販。「ふくしま!浜・中・会津の困った市(いち)」を取り上げました。浜通り、中通り、会津のお店が協力してネット通販をしているサイトでした。

豊洲市場ドットコム

今回取り上げるのは、東京の「豊洲市場」です。
感染拡大で深刻化しているのがフードロス。旧築地市場から場所を移して1年半になる豊洲市場でも、その影響を強く受けている。外食需要が落ち込んだことで取り引きは減っているそうなんですが、そんな中、従来であれば飲食店などに向けて販売している食材を、ネット通販を通して割安で販売するサービスが注目を集めている。

その1つが、豊洲市場に入荷する旬の果物や海鮮品を販売する通販サイト
豊洲市場ドットコム」。

TwitterやInstagramでは、「#豊洲市場ドットコム」というハッシュタグとともに、手元に届いた新鮮な野菜や果物、海鮮品の写真を投稿する人々もいる。

「豊洲市場ドットコム」を運営する株式会社「食文化」の社長、萩原章史さんに、2020年5月19日時点でのおすすめは?そして豊洲市場の今後は?

特大LLサイズ以上 熊本県産トマト

須崎屋 長崎五三焼かすてら

みなさんもぜひ!