お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「泣かない理由がないですよ!」元テレ東・田口アナが語るオススメゲーム

ACTION

TBSラジオで放送中の「ACTION」。水曜パーソナリティは、Creepy NutsのDJ松永さん。

5月20日(水)のゲストは元・テレビ東京アナウンサーの田口尚平さん。今年3月、「オタクを究めたい」という理由でテレビ東京を退社された田口さんから、ステイホームの今だからこそやりこみたいゲームを、ゲーム音痴なDJ松永さんにオススメして頂きました。

田口:まずご紹介するのは、やっぱり王道のRPGですね。松永さんはドラクエもFFもやったことはないですか?

松永:ほとんどゲームをやってこなかったんですが、数少ない中でもやったことがあるのがドラクエとFFなんですよ。でもプレステ1しか持っていないので、FFは7まで、ドラクエは6までですね。

田口:マジですか!今日はFF7をオススメしようと思ってたんですよ。FF7面白いですよね。先にFFの話からすると、今プレステ4から出ているFF7のリメイクをやってみてください。

松永:えっ?リメイクが出てるんですか?

幸坂:すみません、”FF”ってなんですか…?

田口:FFはファイナルファンタジーの略で、スクエア・エニックスから出ているゲームです。そもそもの”スクエニ”の成り立ちから話すと、FFを作っていたのがスクエア、ドラクエを作っていたのがエニックスなんです。これが合体して最強になったのが”スクエニ”です。

松永:俺がゲームをやっていた当時は別々の会社でしたよ。

田口:それが今は合体して最強になったんですよ。

松永:うわ、最強じゃないですか!

田口:だから今、最強の企業が最強のゲームを作ってるんです。だからFF7のリメイクはマジなんです!で、FF7をやったことがあるのであれば、その前日感的なものになる『クライシス コア』というものも是非やっていただきたい。でも、これは今プレイできるかな?

松永:これもFFですか?

田口:FFです。FF7の途中でザックスというキャラクターが出てくるんですが、このキャラクターに焦点を当てたものですね。

松永:なるほど、スピンオフ的なものですね。

田口:そうですね。クライシス コア→FF7と遊んでからFF7リメイクをやると、爆発します!

幸坂:何を言ってるかよく分からない…。

松永:幸坂さん、爆発ですよ!

田口:マジでやってください、ネタバレありの感想トークがしたいです。いっぱい喋っていいですか?

松永:ガンガンお願いします!

幸坂:実は時間があまりないようで、次の作品を教えてほしいです(笑)

松永:嘘!?一週だけじゃ物足りないか…(笑)

田口:ドラクエは10をプレイしてください。これは歴代最高です。

松永:10はプレステ4ですか?

田口:そうですね。Nintendo Switchでも遊べます。マジで面白いです。過去作をやっているなら、いろんなオマージュやパロディが入っています。

松永:なるほど、文脈踏まえて最高なんですね。

田口:最高!そして、ちゃんと新エンドまでクリアしたら、ドラクエ3を遊んだことがある人は皆、涙がベロっと出ます。

松永:泣かしてくれるんですか?

田口:泣かない理由がないですよ!

松永:本当ですか?ドラクエ3やったことありますよ。

田口:本当ですか?じゃあマジで10やってください。ドラクエは「1・2・3」がシリーズ、「4・5・6」がまた別のシリーズなんです。それで10は「ドラクエの始まりのお話」なんです。

松永:なるほど、1以前のお話なんですね。エピソードゼロ的な。

田口:「なんで”ドラゴンクエスト”というタイトルなのか?」ということが解き明かされます。

松永:うわっ!すげぇ!何それ!?

田口:これ、ちゃんとした理由があるんですよ。ネタバレになるのでこれ以上言えないですが。

松永:それを知ると涙が出るんですか?

田口:その一連の流れ含め、鳥肌立ちながら泣きます。

松永:いろんな生理現象が…(笑)

田口:監修の堀井雄二さん、すげえなって思います。

幸坂:すみません、次の作品お願いします…(笑)

引き続き、熱量込めて田口さんが今だからこそやりこみたいゲームをオススメしてくださいました。GUEST ACTION全編はradikoのタイムフリーで。

5月20日(水)のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200520163200

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)