お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【作品紹介】「お時儀」(2020年5月24日)「まなづるとダァリア」(5月31日)

ラジオシアター~文学の扉

「お時儀」
1923年に『女性』という婦人雑誌に掲載された芥川龍之介の短編。
主人公・保吉が乗車する通勤電車でいつも一緒になる、ある女性とのささやかな出会いを描いています。
鉄橋を渡る軽やかな音が、心に鳴り響くとってもピュアな作品です。

「まなづるとダァリア」
ダリヤという花に三つの女性のタイプを投影しながら、感謝の大切さを謳う宮沢賢治の短編。
無慈悲な自然の中で、それでも精一杯生きようとする、赤、黄色、白のダリヤを、まなヅルの目線で描いています。
宮沢賢治の書く世界には、よく鳥が登場しますが、どこか賢治自身が投影されているようです。

ピックアップ