お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 音声あり

【音声配信】「水がなく新型コロナウイルス対策で危機に瀕する途上国の現状」橋本淳司×高橋郁×荻上チキ▼2020年5月19日(火)放送(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題など、およそ1時間にわたり特集。

「石鹸がない、きれいな水がない。新型コロナウイルス対策で危機に瀕する途上国の現状と課題」

新型コロナウイルス対策で危機に瀕する途上国の現状と課題http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200519224937

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

WHO=世界保健機関の年次総会が18日に開幕し、194のすべての加盟国が参加してテレビ会議形式で行われています。総会の冒頭、国連のグテレス事務総長は「発展途上国での感染拡大防止を支援するためにも資金面も強化する必要がある」と訴えました。

アフリカや東南アジアなどの発展途上国では、医療体制が脆弱で、手を洗うための水や石けん、設備などが不足していることから、感染者数は増加の傾向にあり、日本も支援を決めています。

また3月22日の「世界水の日」に、NGO団体のウォーターエイドがまとめたレポートでは「2050年までに毎年少なくとも1か月間、水を得るのに苦労する人の数は50億人に達し、世界人口の50%以上になる」とされています。

今夜は新型コロナウイルス対策の基本といわれている石けんと清潔な水による手洗いがままならない国々の現状と課題に迫ります。

【ゲスト】
水ジャーナリストの橋本淳司さん

特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン事務局長の高橋郁さん

ウォーターエイドジャパンに支援や寄付したいという方はこちらから

 

水がなくなる日水道民営化で水はどうなるのか (岩波ブックレット)対話して行動するチームのつくり方: 楽しみながら身につく話し合いの技法

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします