お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

「ロッキーのテーマ」を流すと残業が減る!?USEN開発のオフィス向けBGMとは

見事なお仕事

企業の“見事な”取り組みや新情報をお届けする番組『見事なお仕事』。ポップカルチャーの総合誌「BRUTUS」の編集長でカルチャーに精通する西田善太さんならではの視点で、企業の“見事なお仕事”の内容と秘訣を、インタビュー形式で伺っていきます。

2月23日(日)のゲストは、株式会社USEN ICT Solutionsの野村大河さん。オフィス環境では、設備だけでなく「音」も重要!音楽の効果別に4つのカテゴリーから最適な音楽を流してくれる、USENが提供するオフィスBGMサービス「Sound Design for OFFICE」。その選曲には、オフィス環境を快適に変えるためのさまざまな工夫がこらされていました。

音から始めるオフィス環境作り

西田 野村さんはUSEN ICT Solutionsオフィスデザイン部の部長とのこと。さっそくですが、長年音楽の有線放送をしてきたUSENがオフィスを「デザイン」する、これはいったいどういうことなんでしょうか。

野村 ここでいうデザインは、内装の話ではなくて、オフィス環境のデザインです。USENが長年蓄積してきた音楽放送のノウハウを生かし、オフィス向けのBGMサービスを開始しました。

西田 なるほど! オフィスの環境っていうと食堂やコーヒーサーバーのような設備面に目が行きがちですけど、「音」は盲点でした。

野村 名前を、「Sound Design for OFFICE」といいます。

西田 オフィスのサウンドをデザインするということですね。オフィスに音楽がかかっているとなにか効果があるんですか?

野村 オフィスにいると機械音や電話などの音が絶えず聞こえてきますよね。あれがストレスの原因となってしまうんです。BGMを流すことでストレス軽減にもつながりますし、集中力が高まる音楽を流せば仕事の効率アップの効果も見込めます。

西田 どんな音楽を流せるんでしょうか。

野村 クラシックからUSENオリジナルの曲まで、全部で111チャンネルをご用意しています。それを4種類にカテゴライズして、目的別に流せるようになっています。「集中力UP」「リラックス」「リフレッシュ」「気づき」の4つですね。

西田 「気づき」? なにに気づくんでしょうか。

野村 「ノー残業デー」のアナウンスや、帰宅を促す音楽を流すなど、まさに「気づき」を与える音楽カテゴリです。

西田 プレミアムフライデーアナウンスや、サプライズ用のバースデイソングもありますね。(リストを見ながら)お、これはおもしろいタイトル……「東京藝術大学との共同研究による『帰宅する気分』を促す音楽」。

野村 この曲は、5分の楽曲が3楽章構成になっているので、定時の15分前に流すのをおすすめしてます。選曲にも力を入れていて、各大学の教授の方と共同研究し実際の効果を確かめたりもしているんですよ。

西田 根拠がある選曲ってわけですね。音楽と作業効率の関係、興味深いです。

「ロッキーのテーマ」で働き方改革!?

西田 でも、これだけたくさんのチャンネルがあるとどれを流したらいいのか迷いませんか。

野村 推奨プログラム例をこちらで提案していますので、迷った場合も大丈夫です。でも、個性的な選曲をする企業もありますね。

西田 個性的? たとえばどんな曲を流すんですか。

野村 不動産会社の三井ホームさんは、終礼の時間帯に「ロッキーのテーマ」を流しているそうです。

西田 それはだいぶ情熱的だね(笑)。

野村 残業時間が24%軽減されるという効果があったそうです。この楽曲は「気づき」にカテゴライズされているんですけど、これのおかげで終礼の時間を意識するようになった、と。

西田 なるほど。他にはどんな使い方があるんですか?

野村 社内のコミュニケーションが活性化されたとのお話を伺っています。選曲を新入社員に任せたことで、「これが最近の流行の曲?」など世代間での会話が増えたそうです。

西田 おもしろいね! 僕も前に、7~80年代のベストテンを20代の社員に聞かせたら、すごく新鮮だって言われて話が盛り上がったことがありました(笑)。今はどれくらいの企業がこのサービスを導入しているんですか?

野村 約69,000社ですね。

西田 それはすごい! こんなにたくさんの企業が導入しているのにはどんな背景があるんでしょうか。

野村 やはり、働き方改革の影響が大きいですね。ストレスチェックが義務化されたことも手伝って、オフィスをより快適な環境にしたいと考える企業が増えています。

西田 一日の大部分を過ごすオフィスで、周りの音で気が散るとストレスがたまる。かといって、イヤホンをつけるわけにもいかない。でもオフィス全体に考え抜かれた音楽が流れていれば、快適に過ごせますよね。

野村 そのとおりです! 今後は、オフィスBGMが従業員に与える影響の研究をより深掘りしようと考えています。

西田 僕としては、オフィスで流せる、「ながら聞きしながら仕事の効率が上がるラジオ」がほしいですね。ぜひ、TBSラジオさんと共同研究をお願いします。