お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

新米記者・松本穂香 取材力強化月間。皆川アナからの恋愛観取材に、告白は「好きって言わせる」

新米記者・松本穂香です。

毎週日曜日、お昼12時30分からお送りしているTBSラジオ「新米記者・松本穂香です。」。

5月10日(日)は、「新米記者・松本穂香 取材力強化月間」第2回目!

皆川玲奈アナによる逆取材・後半戦

新米記者・松本穂香です。5月10日http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20200510123000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

4月に番組が始まって、はや1ヶ月。伊藤沙莉さん、小関裕太さんという、共演経験があって比較的仲も良く、しかも同世代という非常に低いハードルを越えてきた松本穂香さんですが、「オシャレなカフェでいい感じに男女が恋愛話をしてただけなのでは?」「そもそも取材力が根本的に足らないんじゃね…?」という声を受け、まずはそもそもの取材力を強化することに。

お付き合いいただいたのは、TBSテレビ『NEWS23』や、現在担当の『はやドキ!』などで数々の取材経験を積んできたTBSの皆川玲奈アナウンサー

ゆくゆくは大好きなエディ・レッドメインの取材ができるようになりたい!という松本さんですが、3日放送の前半戦は、終始インタビュアーの皆川アナにペースを握られる展開に。その中から、「(取材は)台本通りじゃなくていいんだ!」ということを学びました。

そして、今回お送りした後半戦は、皆川アナからの質問と、リスナー記者からの質問!

スタジオ:皆川アナ、リモート:松本穂香

ここまでのオンエアは聴きこんできた皆川アナが注目したのは、初回ゲスト・伊藤沙莉さんとのトークで飛び出した「元カレの車を泣きながら追いかけた」という衝撃的なエピソード。質問は、松本穂香の恋愛観について展開されていきます。

告白は「好きって言わせる」

Q,まずは、このエピソードがどういうことなのか聞かせてください!
松本:全然覚えてないんですけど、ただ本当に全力で「○○くーん!!」って叫びながら、もう周りの人がみんな私を見てたっていう。ほんと断片的にそこだけは覚えてて・・・でも、そういことがその時は日常茶飯時でした。

Q,恋愛は自分からいくタイプですか?それとも来てほしいなっていうタイプですか?
松本:結構追いかけちゃいますね。わかりやすいので、好きになったら。結構ガンガンいっちゃいますね。

Q,告白も松本さんからですか?
松本:それが・・・ちょっと面倒くさいのが、言わせる、っていう(笑)。言ってもらいたいので、「どうなの?」みたいなのも、言っちゃいます。

Q,どんなシチュエーションに憧れますか?
松本:高校時代から言い続けてる憧れのデートがあって。ドライブなんですけど、夜中に出発して、海に行って海で一緒に朝日を見るって言う…。それだけは憧れてるんですよね、ずっと。海って憧れじゃないですか、みんなの。そこに朝日があったら言うことない!

そして、リスナー記者からは女優業に関する質問も。

Q,「あ、私女優になったんだ!」と初めて自覚したのはいつですか?(ラジオネーム:アロワナの耳さん)
松本:映画館で自分が出た映画を見て、エンドロールに流れる自分の名前を見た時に思いました。その時の感動は今も覚えてます。後はひよっこの時に自分の名前が流れた時も私朝ドラに出たんだっていう感動があったり、エンドロールっていうのは毎回感動します。

他にも、「パピコの蓋についてるヤツは食べますか?」「松本記者はどんな時に幸せを感じますか?」などの質問に、一生懸命答えていただきました。

人生を楽しむために必要なことは、「好き」を大切にすることだ

最後は、番組名物「虫食い格言ボード」への一言。今回のお題は、「陣営を楽しむために必要なことは・・・」。松本記者の答えは、「『好き』を大切にすることだ」

松本記者は、どうしてこの言葉選んだのか—―。

松本:やっぱり自分の好きな物を大切にしてたら、自然とその他の事も大切に出来てるんじゃないかって思って。例えば、現場でなるべくみんなに好かれるように気をつけてますっていうこと、それってこのお芝居が好きっていう気持ちを大切にしてるからこそやってる行動で、それは後からついてきてるんだなって思います。シンプルに自分の好きな物を大切にしていったら結構楽しいことにつながっていく。好きなことで苦しむこともすごくあるけど、それを手放さずに自分の中で大切にしてればいろんなことにつながっていくのかな。

「話しやすい空気、頑張りたい!」

今回の逆取材を経て、松本記者が立てた目標。それは「話しやすい空気を出せるように頑張りたい!」ということだそうです。完全に皆川アナの術中にハマり、まんまとしゃべりすぎてしまった松本記者。この先のゲストトークに活かされるのか・・・。

次回、5月17日は、皆川アナから実践テクニックを学びます!お楽しみに!